『CoD:ブラックオプス』が1日で500万本売れたとかマルチ比較記事とか 

 まもなく発売「Call of Duty: Black Ops」記事をいくつかまとめてみました。

「ブラックオプス」マルチ比較@Lens of Truth(英語)
「モダンウォーフェア2」マルチ比較@Lens of Truth(参考・英語)
「Black Ops」のラグやバグ、チートなどの問題に関する現状と対応まとめ
海外レビューハイスコア 『Call of Duty: Black Ops』
『CoD: Black Ops』が560万本を販売、『MW2』の初日記録を更新
PS3版『Call of Duty: Black Ops』のマルチプレイ修正パッチ、詳細を公開

 とりあえずマルチ比較記事をざっとチェックしてみました。

 グラフィックは360は1040*608の2xMSAAで、PS3は960*544の2xMSAA。ちなみに前作のMW2は両機種とも1040*600の2xMSAA。また光の処理で360の方がより印象的なシーンが見受けられました。
 Lens of Truthに比較SSがアップされているので、詳しくはそちらでどうぞ。

「Black Ops」WiiとPS3と360の比較動画。
 リンク先ではHDサイズで見られるので、ガッツリ違いを見比べたい方はそちらで見るのを推薦。動画で眺める分には違いがよく分からんw

 フレームレートは平均で360が56.61、PS3が47.84で、全般的にPS3は360より10FPSほど下がる感じ。
 ティアリングは360はゼロでPS3は5.15%という数字が出ています。
 ロードタイムは360が平均25.8秒、PS3が28秒で、LoTでは「ほとんど同じ」としています。

 以上の分析から、BOの比較では360版の方がデキが良いもよう。
 グラフィックは動きが激しければ多少の差は消えてしまう気がしますが、フレームレート問題は、動きが激しいゲームゆえにかなり大きなポイントかもしれません。
 ただし、BOはすでに修正パッチが配信されるなど、比較的迅速なアップデートがおこなわれているので、今後もそのあたりで修正される可能性はあります。

 まぁCoDみたいなマルチプレイゲームの場合、クオリティの差よりもプレーヤーのコミュニティがどちらに属するかが重要視される気もします。
 実際僕は友達に合わせてPS3版買う予定だし。

 あとPS3だと「対戦無料」ってのも無視できないポイントかと。
 日本だと360は「人が少ない上に有料」とデメリットが目立ちますが、アメリカだと360がユーザーを確保しているので「有料でも360を選ぶユーザーが多くてMS大儲け」と大成功な感じ。
 ハードのシェア確保っていろんな要素が重なるんだなぁと痛感させられます。


 個人的には、マルチの差よりも前作との差の方が気になりました。
 実際に遊んでないので、あくまで比較サイトの数字だけによるものですが、MW2よりも解像度やらフレームレートが落ち気味なんですよねぇ…。

 今まではCoDと言えばIWだっただけに、Treyarchに対する目ってやや厳しいモノになりがちだと思います。Treyarchに責任が無い部分での話で気の毒ですが、それだけの注目タイトルを抱えているということでもあるので、今後のアップデート対応などで「Treyarchやるな!」って感じになることを期待します。

 なお、PC版のデキは芳しくないようで、かなり批判されているみたいです。PC不遇。


B0041IYCZGコール オブ デューティ ブラックオプス(吹き替え版)【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス 2010-12-16

by G-Tools


B003T9VDG4コール オブ デューティ ブラックオプス(字幕版)【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス 2010-11-18

by G-Tools

[ 2010/11/17 11:03 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

スクエニ「CoD:BLACK OPS」の発売日を発表。吹替え版と字幕版を用意 

 CoDシリーズの最新作となる「コール・オブ・デューティ ブラックオプス / Call of Duty BLACK OPS」の日本語版の発売日が発表されました。

英語ボイス+字幕版:11月18日発売
日本語吹き替え版:12月16日発売

「コール オブ デューティ ブラックオプス」の発売日を発表

 対応機種はPS3/360。
 価格はおそらくどちらも7980円(サイトにはその値段しか書いてない)。
 吹き替え版の担当声優は「堀内賢雄氏,井上和彦氏,小山力也氏,安元洋貴氏,大塚芳忠氏,浪川大輔氏,若本規夫氏,楠 大典氏,飛田展男氏,富田耕生氏」とかなり豪華。
 また10年内にWindows版の発売も予定されています。

 いやー2バージョン発売とかスクエニ頑張るなーw
 一ヶ月遅れなとなる吹き替え版はセールス的には不利な気もしますが、日本でのFPS層拡大ってことを考えると吹き替え版、それも知名度のある声優さんによるものっていうのは貢献度が大きいのかも。

 いっそどちらか選択できるようにして1パッケージで売ればいいんじゃね? と思いましたが、容量の関係とかで難しいのかもしれません。まぁパッケージとかマニュアルとかを全部同じ作りにすれば、コストはそれほど大きくは違わないのかも。

 ちなみに海外での発売日は11/9。日本語字幕版はたった10日ほどの遅れで発売されるわけで、そこらへんでもスクエニの対応は評価されてしかるべきだと思います。


コール オブ デューティ ブラックオプス マルチプレーヤー Trailer

[ 2010/09/01 13:17 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(1)