プログラムごとに再生デバイスを個別に指定できる神フリーウェア『audio route』 

 最近、Twitchで動画配信を始めてみました。
 といっても、楽しい配信者トークとかができるワケでもなく、ほぼ無言のプレイ動画を垂れ流しているだけですがw
 あまり意味があるとは我ながら思えないですが、自分のプレイ動画がネットで流れてるのがおもしろいです。


●マイチャンネルはこちら
felix2zのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する



 動画の「配信」をやろうとしたときに、ちょっと困ったのが「マイクを使った実況や解説などの音声が、ちゃんと流れているかどうかのチェック」が難しいこと。

 マイク使ってゲームを配信しつつ、その内容を同じPCでモニターするには、「ゲームの音を出すデバイス」と「動画再生するブラウザの音を出すデバイス」を別々にしないといけません。
 ゲームとモニターしている配信動画を同じデバイスで再生すると、ゲーム音に配信動画音が載ってしまってループしちゃうんです。

 なんとなく「複数デバイスの使い分けぐらい簡単にできるんじゃね?」と思いますが、実はWindows10には「複数の音声デバイスを同時に鳴らす」機能がありません。

 一応、OBSにはモニター機能があるので、それを使うことである程度は事足ります。
 ただし、OBSのモニターはエンコード前のソースを流しているだけで、実際にweb上で流れているのものとは違います。
 そのせいか、OBSでモニターしたものと、実際にブラウザを使ってモニターするものだと、音のバランスが違ってたりするんです…。
 あと、そもそもOBSの機能なので、Geforceの配信機能を使う場合だとモニターできません。


 で、そのあたりをなんとかできないかと調べた結果、僕が見つけたのがコチラ!

 audio-router(Github)

 こちらは「アプリケーションごとに、再生デバイスを指定できる」フリーウェア。
 ゲームとブラウザで別々の音声デバイスを指定し、それぞれから同時に音を出せるという、人によってはノドから手が出る夢のアプリだったりします。

 こちらを導入し、ゲームとブラウザで別々のデバイスを指定すれば、実際にブラウザ上で流れている音声を、配信動画に乗せることなくモニターできるようになります。

 なお、Audio Routerは「同一音声の複数デバイス同時出力」にも対応しています。
 こちらもニッチな需要だとは思いますが、欲しい人にとっては切望モノかと。

各アプリケーションごとに、音声の出力先デバイスを指定できるようにする!「Audio Router」。

 なお、強引なコトをやっているせいか、Windowsのシステム環境や対象アプリによってはうまく動作しないことも「けっこう」あります。その辺りはご了承のほどを…。
[ 2018/05/10 19:48 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

おすすめフリーソフトまとめ2…音声合成、3Dアニメ、動画編集など 

 先日の「おすすめフリーソフト」で紹介できなかった、アプリケーション・ホビー系のソフトまとめです。
 有料ソフト顔負けの、すごいフリーソフトも少なくありません。おもしろそうなものがあったら、ぜひお試しあれw


Fire Alpaca 【お絵かき】
 フリーの高機能ペイントツール。SAIに近い感じで、使い勝手良好。
 Mac版もあるので両機種使いの人によろしいかと。


Paint.NET 【画像編集】
 画像編集ソフト。絵をイチから描くのではなく、すでにある画像を編集したい時に。
 操作が簡単で初心者でも比較的使いやすいのが特徴。
 この手のソフトでは「Photoshop」と「GIMP」が2大巨頭ですが、フォトショは高い、GIMPは使い方がよく分からん…という方はコチラを。
 凝った事をやりたいならGIMPでもいいかと。


Sculptris 【3Dモデラー】
 粘土をいじるようなノリでモデリングできるツール。





DAZ STUDIO PRO 【3Dモデラー】
 3Dフィギュアソフト。POSERみたいなヤツ。
 一応有料ソフトで定価$250なのですが、無料で配布中。期間限定らしいけど、随分長いこと無料。でも油断していると有料になるかもしれないので、早めに入手推薦。
 また、PROを入手すると、各種の基礎データもダウンロード可能になります。
 ただし入手方法は「$0で購入」という形式なので、名前や住所入力を含むユーザー登録が必要。





CeVIO Creative Studio FREE 【音声合成】
 無料の音声合成ソフト。歌唱にも対応。
 しゃべりのパラメータを細かく設定でき、感情をこめたしゃべりもスライダー一発。ていうかベタ打ちでもかなりしっかりしゃべってくれます。
 つか、無料で手軽でここまで動くのは凄いです。かなりオススメ。





XX-CAKE 【画像加工】
 画像の特定部分をぷるぷるできる。





LIGHTWORKS 【動画編集】
 動画編集ソフト。フリーですがかなり高機能。
 Windowsでの動画編集はMSが配布している「Windowsムービーメーカー」がよくできているので、ちょっとした編集ならそれで十分だと思いますが、もう少し凝った事をしたい場合は、LIGHTWORKSにチャレンジしてみるとよいかと。
 英語版ですが日本語パッチも公開されているようです。


Google Earth 【地形表示】
 ご存じGoogleの地球儀ソフト。WebのGoogle Mapより高機能というか、データの充実度やインターフェースが向上しています。
 また「Earth」以外に、「Sky」「Mars」「Moon」も収録されていて、宇宙好きなら見逃せないところ。
 天文写真やテキストが大量に組み込まれているので、見ているだけ飽きません。

 CTRL+ALT+Aで起動するフライトシミュレーターがちょっぴり楽しい。


Mitaka 【天体シミュレーター】
 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトが開発している、天文シミュレーター。地球から銀河まで、宇宙の姿をビジュアルで堪能できます。





Stellarium 【プラネタリウム】
 無料のプラネタリウム。
 星空だけでなく、人工衛星なども表示可能です。




[ 2013/08/29 20:20 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

私的フリーソフト・ベスト5+おすすめ無料ソフトいろいろ 

 よそさまのサイトで「使っているフリーソフトまとめ」的な記事があったので便乗。
 windows7で、とくにお気に入りの5本と、それ以外のおすすめをまとめてみました。


5位
broadway 【iTunesサポート】
 iTunesと連携して、音楽ファイルのアルバムアートや歌詞をネットから取得できます。


4位
Unlocker 【ファイル削除】
「ファイルが使用中です」と表示され、消せないファイルやフォルダを強引に消せるようになるユーティリティ。


3位
Paragon Backup & Recovery 2013 Free 【バックアップ】
 ドライブ・パーテンション単位のバックアップソフト。
 システムドライブを丸ごとバックアップ、ドライブを変更してからリストアすれば、ドライブの引っ越しがあっという間に完了。SSDの交換も簡単です。
 メーカー製有料ソフトの簡易版なので、安定性が高いのもポイント。


2位
Kick in 2000 【ランチャー】
CLaunch 【ランチャー】
 高機能ボタン型ランチャー2つ
 僕は「KickIn」を使用中。デスクトップクリックや四隅ポイントで起動。「普段は消えていて、必要な時だけ望んだ場所に表示される」というのが超絶便利。
 デザインのカスタマイズも可能で、お気に入りの画像をSkinにしたり、フォントを自由に変更したりと、見た目にもこだわれます。
 個人的には数あるランチャーの中で最もお気に入り。ただしシェアウェア。

 Claunchはkick in同様・もしくはそれ以上の使い方も可能なフリーのランチャー。
 kick inよりシンプル・小型なので、コチラの方が性に合う方も多いかも。


1位
ViX 【画像閲覧】
 ファイラー型の画像管理ソフト。
 サイズを自由に調整できるサムネイル表示、サムネイルの印刷やファイル化、強力なキーカスタマイズ、連番リネーム、フォーマット変換、リサイズ、トリミングなどなど、圧倒的なまでの機能をもち、自分にぴったりの形で画像を閲覧できるようになります。

 すでに更新停止、正式にはXpあたりまでしか対応していないというソフトなのですが、代わりとなるソフトがまったくないので使い続けています。
 大量の画像を整理・閲覧するなら最高のソフトといっても過言ではないかと。




 以上私的ベスト5。以下おすすめいろいろ。
[ 2013/08/25 19:06 ] デジモノ | TB(0) | CM(2)