可愛い獣っ娘でハクスラできる、基本無料MMORPG「アルピエル」を遊んでみた 

 最近、可愛い獣人系MMORPG「アルピエル」をプレイ中です。
 メイドイン韓国の2D(3Dモデル見下ろし型)の基本無料タイトル。

 大量に用意されているインスタンス・ダンジョンを周回していく、アクション性の高いハクスラ要素。
 フィールドを歩き回って素材を集め、レシピにそって合成してさまざまなアイテムを作成する生活系要素。
 この2つを大きな柱としています。

 まぁ僕は生活要素は完全無視で、ダンジョンに潜ってハクスラしかしてないんですが。





 アクション部分はなかなか良い出来で、ワラワラと出てくる敵を強力な技コンボで一掃するのはかなり爽快。
 操作キャラたちの可愛さと相まって、ガッツリとハマって数日でカンストまでやりこみました。
 プレイ時間10数時間ってところですかね。



 で、プレイ期間1週間ほどでのレビューです。

 基本となる部分はよくできていると思います。
 一気にカンストまで突っ走るぐらいにはハマれったので、面白いのは間違い無い。

 惜しむらくは、MMORPGとしてはコンテンツの充実度がやや低く、レベルカンストしてしまうと、やることが少なくなること。

 生活系を捨てている僕の場合、やることはインスタンスダンジョン巡り。
 つまりハクスラです。
 ただ、アルピエルはハクスラ系ではあるものの、基本的に「アクション性」に軸足を置いた作りになっていて、装備集めのシステムは、例えばPSOやDiabloやPoEといった純ハクスラ系と比べると、非常に淡泊。

 なぜかというと、キャラクターが装備できるアイテムの種類が相当に少ないので、「拾って集めるモノ」があまりないんです。

 具体的に言うと、アルピエルでは、適性レベルでの装備のバリエーションが、武器は種族ごとに1種類、防具は全種族で1種類(レイド装備のぞく)しかありません(細かく説明すると少し違うのですが詳細は省略)。
 例えば、弓キャラ種族の武器は「エウリュトスボウ」のみ。
 武器強化によるランクなどは存在しますが、スピードやパワー重視で他の武器に持ち替えるといった選択肢はありません。

 そのため、必要なモノが早々に揃ってしまい、「欲しい装備ドロップしないかな~」といった、ハクスラ的な楽しみ方を長く続けることが難しくなっています。


 一応、エンドコンテンツとして用意されている「レイド」などに通って、真の最終武器作りに挑むこともできます。
 レイドに手を出すと、デイリークエストやレイド周回など、一気に忙しくなるので「コンテンツが少なくて飽きる」という事態は回避できはずです。

 ただ、無料系MMORPGの悪しき伝統とでもいうのでしょうか、アルピエルには、やたらと時間消費&ログイン拘束の仕組みが実装されているのが困りもの。
 とくにエンドコンテンツレベルになると、同じことを何度も何度もくり返し、かつそれを1日の挑戦回数制限付きで毎日やらなきゃいけないという、悪い意味での時間泥棒っぷりを発揮します。

 周回プレイという仕組み自体は嫌いじゃないんですが、アルピエルはゴールが遠すぎる。
 もう少し楽な頻度で飴を用意しておいてもらわないと、モチベが続かないというか、ハードルの高さに萎えて、そもそも手を出そうって気にならないんですよね…。


 と、ちょっぴり苦言を呈しましたが、基本無料で数十時間は楽しめるクオリティなのは間違いないので、MMOやMORPG好きには、充分おすすめできます。

 アイテム課金ゲーですが、課金は衣装中心なので、非課金でも普通にプレイ可能。少なくとも、僕はカンストまで非課金で不満を感じたことは一切ありませんでした。
「無料で数十時間は確実に楽しめる&レイドまで突き進めるならもっといける」と考えれば、決して悪い選択肢ではないと思います。
[ 2018/09/30 21:45 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

オンライン無料萌え麻雀『桃色大戦ぱいろん』をやってみた 

piron01.jpg


 9/1より正式サービスを開始した基本料金無料のオンライン麻雀ゲーム『桃色大戦ぱいろん』をやってみました。

1回目:起動すると画面が真っ白で何も出来ない。
 →デュアルディスプレイだったのでシングルに変更。直る。
2回目:4人対戦開始。オニラグで1回打つのに数分かかる。ゲームにならず解散。
 →なぜかPCが不調になりドライバを入れ替えるハメに。
3回目以降:ドライバを変えたらデュアルもOKで好調。ソロで遊んでみる。

 こんな流れ。ちょっと最初の数回が酷かったですねぇ…。
 一緒に遊んだ人によると「今日はラグが酷い」ということだったので、普段は普通にできるのかもしれませんが、とにかくメチャクチャなラグでした。βなら許容範囲ですが正式サービスでこれはどうかと思います。金払ってるワケじゃないですが「正式サービスでこのクオリティ」ってことですからね。

 ゲーム自体は普通の麻雀でした。
 対戦もできるし、3人CPUにしてのソロプレイもOK。カードを使ったイカサマ麻雀が基本ですが、設定でカード禁止のノーマルプレーにすることも可能です。
 お昼にやったときは数人しか人がいませんでしたが、夜はけっこうな数の人がロビってました。ただソロOKなんで、みんな人待ちしないでソロちゃうため、4人集めるにはそれなりに待つことになるかもしれません。まぁパンヤのときはソロに文句を言いましたが、この辺は痛し痒しってところですね。僕はソロれた方がいいですが、かといってみんなそうだとネトゲな意味なくなるでしょうし。

 ちょっと残念というか、それどうよ? と思ったのはアイテム関係。
 このゲームのウリは「マスコットキャラのグラフィック、ボイス、CGを集めて楽しむ」というもの。マスコットを選ぶとそのキャラが麻雀中にいろんな表情を浮かべながらプレイを盛り上げてくれるワケです。
 で、その「マスコット」を手に入れるのが大変。現在販売されているマスコットカードのお値段が1枚300000P! 30万すよw 初期ポイントが500ぐらいで、1回の対局で得られるポイントが1位になっても数10P、負けるとマイナスすらあるので、それで30万ためるのはかなり厳しいっていうか、ちょっとムリなんじゃって気すらします。500Pでガチャって手段もあるらしいですが、500貯めるのだって、10回以上は対局しないとムリだし。
 アイテム課金なので、値段設定が厳しいのは仕方ないと思うけど、これはちょっとハードル高すぎじゃないですかね。最初の一人を手に入れるまでの壁が高すぎて諦める人が続出すると思います。
 βユーザーにはマスコットを一人無料でプレゼントしていたそうですが、正式サービスでも最初の一人ぐらいは解放したほうが、いい「アメ」になって続けるパワーが沸くと思うんだけどなぁ…。

 まぁアイテムを気にせず、純粋に「無料のオンライン麻雀ゲーム」として楽しんでもOKなので、各種アイテムはオマケ程度と思っておき「ご褒美付きの無料麻雀ゲーム」と思って遊ぶ分には悪くないかもしれません。単純に「対戦麻雀がしたい!」ってことなら東風荘とかハンゲとか「人が多いところ」を選んだ方がいいと思いますが、その辺は「いつか貰えるご褒美CG」を狙うか「人が多いから対戦相手を見つけやすい」を選ぶかの違いでしょう。

 なおCGはペルソナ3&4でおなじみの副島成記をはじめ、吉崎観音、あかつきごもくなどが手がけているそうです。

piron02.jpg piron03.jpg piron04.jpg

[ 2008/09/05 01:09 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

ルーセントハートをまったりレビュー_その2 

 RPGとしてルーセントハートを見た場合、数時間プレーでのファーストインプレッションで述べるなら、ライトでお手軽路線という感じです。欧米系のEQだWoWだCONANだといった重厚系RPGと比べるとシンプルで分かりやすく、その分PTなどで何をすればいいのかがハッキリしているゲームと言えそう。
 まぁ全体的なノリもライトというか気軽に楽しむタイプのゲームなので、コンセプトにマッチしてるのではないでしょーか。
lh_top2.jpg


●キャラクターメイキング
 ルーセントハートのノリは思いっきり「萌え」路線。キャラグラはローポリで作られカワイイ系モデリングです。頭身でいうと5頭身ぐらい。
 キャラメイキングで決められるのは、顔と髪型。パターンは男女ともに顔が14種類、髪が16種類×7色となっています。
 フェイスタイプは、クリクリ目からちょっとキツ目のネコ顔まであり。「萌え」っていうくくりがあるせいか、それほど大きなバリエーションはありませんが、逆に細かい部分で差をつけている分、好みにあった顔を見つけやすいかもしれません。
 髪型もロングにショートにポニーとツインと基本は一通り用意。ちょっと平均的すぎて食い足りない気もしますが、まぁまずまずのバリエーションでしょう。
 以上女キャラ。
 男キャラも似たような感じですが、より美少年ぞろいなイメージ。つか髪型にスキンヘッドもアフロもコーンロウもないんですよね、コレ。正統派美少年キャラじゃないと世界観くずすからダメってことなのかもしれません。

 なお、キャラメイキング中のキャラの姿は

 白の下着姿

 となっております。ブラにもパンツにもレースまでついている凝りっぷり。まぁサービスなんでしょうが、

「モニター上でにこやかに微笑んでいる下着姿の女の子をじっくりと見つめながら顔や髪型をいじくりまくっている様子」

 というのは、30を越えた僕としては中々人に見られたくないものがありました。レースを確認できるほどに凝視した僕が悪いですかそうですか。
lh1-01.jpg


lh1-02.jpg lh1-03.jpg
lh1-04.jpg lh1-05.jpg


 なお、無料で作れるキャラは2人。それ以降は有料で最大12人まで作れます。なかなか細かいところでお金稼ぐんですねぇ。ちょっと感心しちゃいました。

●キャラクタークラス
 キャラのクラスは韓国系のゲームによくある「レベルがある一定に達すると上位職に転職する」というタイプ。よく考えるとこのタイプって韓国系に多いですよねぇ…。逆に日本・欧米だと少数派な気がします。WoWもFFもUOももDiabloも違いますもんね。

 で、転職タイミングは1次がLV4、2次LV10、3次LV36。
 LV4とか1時間もかからずにいけるし、10も数時間やれば到達できそう。なので、ある程度長く付き合うのは2次職以降ということになります。
2次職は以下の4つ。

・ナイト:ガチ前衛。ソロはやや苦手?
・ガンナー:遠距離アタッカー。足止めスキルあり。殴られる前に殺せ。
・マジシャン:こちらも遠距離アタッカー。足止めアリ。瞬発力型!?
・プリースト:支援型。パーティで大活躍。みんなで遊びたい人に。

 3次職になるとさらに細分化が進み以下の8つに。

・パラディン:超タンク。肉壁。
・テンプルナイト:近接アタッカーだが、盾を持てばタンクにも。範囲攻撃好き。
・レンジャー:銃による攻撃と味方の能力アップスキルを持つバファー。
・スナイパー:デカい銃を持つ遠距離からの物理アタッカ。範囲攻撃も得意。
・ソーサラー:魔法攻撃と各種ステータスアップの支援魔法を使う。
・ウィザード:純生アタッカー。ハデな魔法でニュークしたいならコイツ。
・ビショップ:回復特化クラス。蘇生もできる。
・プロフィット:補助魔法特化。バフ&デバフの両方をこなす。蘇生も可。

 途中でクラス変更などはできないので、1次職を決めるときに、どの3次職になりたいかを考えておかないと後悔することうけあいです。

 クラスと同様に、キャラクターの能力に影響を与えるもう一つの要素が「星座」。
 一定レベルに達するごとに、星座ごとに用意された特殊能力を獲得することが可能。MPの上限を増やしたり、自然回復速度をアップしたりと、キャラの性格を決定付ける部分にかかわってます。
 やり混むと「いて座最強(^^♪」とか「きた!天秤座きた!これで勝つる!」なんて能力的な差がでてくるのかもしれませんが、実際そこまでやってないんで不明。まぁこだわるのは後にして、とりあえずは好きな星座で選べばいいかと。

 また星座ごとに「星鎧」というスペシャルアーマーが用意されていて、レベル30になると取得可能です。
 フォルムがどこからどう見ても聖闘士星矢のクロスです。燃え上がれ俺の小宇宙。
 クロス星鎧の見た目は星座によってけっこう違うので、いっそこの鎧で星座を選んでもいいかもしれません。

※アフィ用素材に星鎧SSがあったので貼り。クリックすると登録ページに飛ぶので要注意。
関連リンクにある攻略Wikiに全星座の星鎧画像が置いてあります。


 ちなみに、このゲームには「運勢システム」というのが導入されてまして、ログインすると星占いが表示され、その結果によってステータスが変化するというユニークな仕様になっています。
 星占いはおろか、血液型も手相も四柱推命もカバラもおよそ信じないというか気にしない僕としては、「ゲーム内で必ず当たる占いが表示される」ことの面白さが皆目わからなかったりするのですが、「星の動きでステータスがかわるとかなんかロマンチズム」的な世界観フレーバーを醸し出す効果があるのかもしれません。

 そしてその3へ続く

[ 2008/08/27 01:57 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

ルーセントハートをまったりレビュー_その3 

 最後に基本的なシステム&ルーセントハートならではの独自システムに触れてみます。つか思ったより長いエントリになってしまい、果たしてどれだけ読んで貰えているのかはなはだギモン。つかここまでおつきあい下さった方に激しく感謝します。ありがとうございます。
 とかいいつつも、さすがに書き疲れてきて微妙に適当になってきてるんですがね!ヾ(゚д゚;)

lh3-top.jpg


●ゲームシステム
 序盤のゲーム進行は最近のMMOの流れを踏襲していて、次々と提示されるクエストをクリアしていくと、自然とレベルアップしていくという親切設計。
 クエスト回りはかなり親切に作られていて、クエストをくれるキャラは頭の上にマークが出てますし、マップ上でもクエ提供キャラの位置を確認できます。クエ情報をウィンドウでいつでも確認できるのはもちろん、クエで次に向かうべき場所への道が地面に浮き出てきますし、クエクリアに必要なアイテムをとったら「あと何個必要です」といった情報も表示されます。
 クエストの内容が「○○○のところへアイテムを持って行け」「○○を倒して、○○を何個持ってこい」といった、ありがちかつ面白くもなんともないのが少々残念ですが、何かしら目的意識を持ってレベル上げできるのはイイことでしょう。
lh2-01.jpg


 移動および戦闘といったインターフェース部分は、良くも悪くも韓国ネトゲ風味のいわゆる「クリック」タイプ。
 移動先をクリックするとそこへ移動、敵をクリックすると攻撃と、マウスクリック主体の操作です。
 僕はどうにもこのマウス操作システムが苦手で、移動に至ってはストレスたまりまくりです。できればWASDにも対応して欲しかったのですがダメなようです。残念。

 技や魔法はアイコンを画面下にあるバーにセットしてクリックで使用。技・魔法の数はそれほど多くなく、各技の効果もシンプルな物が多め。なので正直、戦闘の深さっていうのはあんまり感じられないです。
 僕はビギナー→マジシャンって流れでやったのですが、レベル4までは攻撃魔法が使えないので、基本殴るのみ。一回敵をクリックしたら見てるだけです。ヒマ。
 で、マジシャンに転職するとファイアボールが使えるのですが、これも「遠くから大ダメージを与える」だけの魔法。なので戦闘は「遠くからファイアボール連射、近づいてきたら剣で殴る」といるルーチンワークとなってしまいます。だいたい1敵3クリックぐらい。やっぱヒマ。
lh2-02.jpg

 なんというか「序盤は出来ることが少なすぎてつまんねー」っていうのはどのネトゲでも同じですねぇ…。これってなんとかならないのだろうかというかすべきでしょう。もういっそレベル10から始めて最初から技たっぷりにしてくれれば良いんじゃないですかねー。「最初がダルくてハマる前にヤメる」って人けっこう多いと思います。

●その他、特徴的なシステム。
 所詮1日のみ、しかもソロでしか遊んでないんで、正直、細かい部分はよく分かりません。なのでルーセントハートの特徴的なシステムを、他のサイトで読んだのをそのままパクって列記しておきます。

・ラビリンスシステム
 「星石」を「召喚台」にはめ込むことでラビリンスを作成できる、いわゆるプライベートダンジョンシステム。ラビリンスは石の組み合わせ方によって構造が変化。その数は1000種類以上。

・生産
 特殊アイテム以外はほぼなんでも生産可能。種類は鍛冶・錬金・機械・彫金・裁縫・カード。生産レベルの向上は経験値ではなくクエストによる。上位生産品は他プレイヤーの力が必須となるが、「代行生産システム」によって他プレイヤーのスキルを借用できる。けっこう複雑そう。

・キューピッドシステム
 星座、性格、相手に求めるものなどを登録すると、1日3回まで、キューピッドさんが登録者の中から相性のよいプレーヤーをピックアップ。専用クエや専用バフが使用可能になる。
 異性キャラ限定。まさにオンラインゲーム専用出会いシステム>< これ中身男の女プレーヤーは使用不可ですよねぇ…。まぁ逆に登録しなきゃ出会いシステムは作動しないので問題ないといえばありませんが。

・ハッピーパイロットシステム
 プレイヤー主催のイベント開催機能。独自NPCを配置したり、参加者に報酬を与えることが可能。

・アバター
 キャラの見た目を「RPG装備」と「アバター装備」で切り替えられます。アバター装備は課金アイテムのようです。アバター状態で何も着てないとこんな感じの短パン姿に(ノ´∀`*)
lh2-03.jpg

 キューピッドや生産は「知らない人とのコミュニケーション促進」するシステムで、ラビリンスは「知っている人と仲良く遊べるコンテンツ」といったところ。ハッピーパイロットは使い方次第でいろんな可能性がありそうで、ゲームのデザイン方針として、ネトゲ的コミュニケーションを築き易くしようという意図が感じられます。
 ネトゲを長く遊ばせるには「仲間が多い」ってのが一番でしょうから、当然と言えば当然な方向性なのかもしれません。とはいえ、その当然をクリアできていないゲームが多いのも事実。「ネトゲで友達作りたいな」という人には比較的向いている印象です。


 しっかりと作られたゲームとして基礎部分、日本人受けしそうな可愛いキャラクター、そして数々のユニークなシステムと、人気が出るだけの理由はあるなぁと納得させられたルーセントハートです。

 まぁ僕は1日でヤメましたがね!

 いや、ゲーム内容がどうこうじゃなくて…雰囲気が合わないんですorz
 こればっかりはどうしようも無いですねー。ゲームのせいじゃまったくありません。
 ルーセントハートに限らず萌えネトゲ全般に言えるのかもしれませんが、なんつーかR30世代にはちょっとこそばゆいんですよねー。
 共通チャットの会話もなんかすげー年齢層が低く聞こえて、にこやかに「こんにちはー^^」って入るのが憚られてしまった瞬間に「俺も若くねーな」と痛感しました。ハイ。

 と、このヘンはあくまで僕個人の感覚であって、客観的にみれば良くできたゲームなのは間違いないと思います。
 無料で遊べますし、マシンスペックもそれほど高くなくてOKなのでお試し感覚で遊んでみるにはいいのではないでしょうか。

 最後にニコのPV貼っておきます。長々と書いたことが簡潔に分かる1分39秒となってますので、興味を持たれた方はどうぞ。かなり高画質ですよ!


<関連リンク>
ルーセントハート 公式サイト
ルーセントハート 無料登録ページ
ルーセントハート 攻略情報Wiki

[ 2008/08/27 01:50 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)