『トゥームレイダー』がSteamで無料配布中。ただし日本語で遊ぶには有料DLCが必要 

 2丁拳銃でスタイリッシュに大活躍する美人冒険家『ララ・クラフト』さんが主人公の人気シリーズ『トゥームレイダー』。
 その中の2タイトルが、Steamで期間限定で無料配布しています。
 とりあえず取っとけ!

『TOMB RAIDER』
『LARA CROFT AND THE TEMPLE OF OSIRIS』

 『Tomb Raider』の方は、本格派の3Dアクションアドベンチャー。日本語は要有料DLC。
 2013年発売で、当時はAAAクラスとして注目を集めた大作。今遊んでも、十分なクオリティを感じられるはずです。
 ララさんがズタボロ&血だらけになるシーンがいっぱいあって、わりとエグい表現してるよなーって感じたものです。

 『TEMPLE of OSIRIS』は見下ろし型のアクションゲーム。COOP対応。日本語にも対応。
 ステージにさまざまな「謎」が仕掛けられていて、それを解きながら先に進んでいきます。
 ゼルダのララさん版って思うといいかも?

 もともと2000円ぐらいのゲームということもあり、ボリュームは控えめ。
 手軽に楽しみたいときにあると嬉しいタイトルって感じです。




 さて、これだけなら「やったねスクエニ! 大変なときにタダでプレゼントありがとう!」で終わるんですが、ちょっとだけ困った事実がありまして…。

 『Tomb Raider』は日本語版が出ているのですが、なぜか「DLCで日本語を提供する」という素敵な販売方法を取っています。
 日本語DLCは定価1000円、セールで半値の500円。
 日本語以外の言語はゲーム内オプションにて選択可能。
 そのため、「日本のメーカーが売っていて、さまざまな言語に対応したマルチランゲージタイトルなのに、なぜか日本語だけタダで遊べない」というオチになっております…orz


 この謎仕様、発売当時はかなり物議を醸したんですよねぇ…。
 すっかり忘れてたけど、今回の配布で思い出しちゃいました。

 コロナで世界が大変なときに無料で配布してくれるのはとてもありがたいですし、スクエニさんカッコいいなーと思うんです。
 思うんですが「Tomb Raider Japanese Langeage Pack -50%:\499」という文字を見ると、ちょっと複雑な気持ちになるのは否めません…。

 正直言えば、日本語DLCもタダで配ればいいのに…と思います。
 「サービスのタダ配布でそこまで配慮してらんねー」というか、そもそも日本語をDLCで売っていたことをすでに忘れているのでしょう。
 残念。

 あ、ちなみに僕は昔セールで激安だったときに日本語DLCごと買ってました。
(なので、今回無料で入手したワケじゃありません。もしかしたら神対応でDLCなくても日本語プレイできるようになっているかも!? そうだったらスクエニさんごめんなさい。)
 Riseも持ってる。Shadowは持ってない。
 そして3本とも遊んでないw
 いやララさん好きなんで安いと買っちゃうんだけど、つい積んじゃうんですよね、このシリーズ…。

[ 2020/03/21 08:08 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)