『ディアブロ』の最新作がスマホ版と判明したら、不評と反発がスゴいらしい 

 先日のBlizconで発表されたDiabloの新作が、ナンバリングの「4」じゃなくて、スマホ用の「Immortal」だったワケですが、海外ではPC用新作を期待していたファンどもが大激怒。
 ちょっとした炎上祭りになっているようです。

Blizzardがモバイル向け『ディアブロ イモータル』を発表、『荒野行動』のNetEaseと共同開発。すでにファンからの重い不評がのしかかる
「PlayDiablo4com」なるサイトが突如出現、アクセスすると『Path of Exile』公式サイトに転送される。

 Youtubeの公式トレーラー見てきたら、シネマトレーラーは高評価1.7万と低評価が44万。ゲームプレイトレーラーは高評価1.2万と低評価が16万。
 猛烈なブーイングをくらってます。



 僕も『Diablo4』くるのかなーと期待してたらスマホゲーだったので、ちょっと落胆しました。
 が、同時に近頃のアクティビジョン・ブリザードを見ていると、Diabloシリーズ最新作をスマホ展開するという流れも意外ではなかったんです。

 僕は、Diablo初代からWarcraft3あたりまでは、猛烈なブリ信者でした。
 その頃のブリザード作品からは、「ゲーマーを喜ばそうという心意気」というか「職人的なこだわり」を感じられたんです。

 ただ、基本無料のカードパック課金なハースストーンとか、ドロップ激絞りでオークションハウスで手数料取ろうとしたディアブロ3あたりで、「あぁ、ブリもビジネス面を重視しはじめたんだなぁ」と感じて、信者から一般顧客にステータスチェンジしました。

 さらば、わが青春のブリザード。

 そんなワケで、今回の発表も「ああ、そっちだったんだー」ぐらいの感想しか抱かなかった僕からすると、「Diablo4が出なかった」ということに、これだけ怒れる人がいる(残っている)ということが、むしろ驚きと感動だったり。
 Diabloって、やっぱゲーマーにとって特別なタイトルなんだなーと。

 ブリザードは、「新作が出ないことを真剣に怒る人がたくさんいるIP」を持っているということを、今後、どうやって活用していくのかなぁ。
[ 2018/11/06 22:50 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

おっさんゲーマーが2000年以前のRPGを適当に思いだしてみた 

 ネタがないので、おっさんが昔を思い出していろいろ書き殴る懐古趣味な記事を…ということで、2000年以前に発売された「思い出深いRPG」をピックアップしてみました。
 コーヒー飲みながらひねり出しているので、「実はもっと思い出深いタイトルがあるかも」という適当っぷり満載な記事となっております。

 なお、以前に似たような記事を書いたことがあるかもしれないけど、このブログもかれこれ10年以上続いているので、もはや何を「書いていないか」など覚えていないので気にしない。


------------------------------------
ウィザードリィ(初代&KoD)/ 1985年 / FM-7
------------------------------------
 ずーーーっと「RPGの元祖と言えばウィザードリィとウルティマ」と言われ続けるも、オリジナル(1981年)はAppleII用だったので遊ぶのは諦めていた中、アスキー様が日本語版を発売してくださいました。ありがとう。

 すでにRPGはいろいろ発売されていましたが、「迷宮に潜ってキャラを強くしてレア装備を見つける」ことに特化したハック&スラッシュ作品としては随一のものでした。
 個人的には2作目の「Knight of Diamonds」が好きでした。1作目の「Proving Grounds of the Mad Overlord」も良かったですが。いまだに英文サブタイトルを覚えているのも我ながらスゴいw

 5作目の「Heart of the Maelstrom」まではプレイしましたが(とくに5はハマった)、6作目のコズミックフォージ以降は完全スルーだったなぁ…


------------------------------------
ポイボス / 1984年 / FM-7
------------------------------------
 当時からしても超地味な画面だったけど、なぜかクソハマったSF-RPG。
 ゲーム内容はほぼ覚えてないけど、ジーラが強かったような気はする。

 Wikipediaによると「3000本」売れたらしい。1/3000が俺とか感慨深い。
 てか、当時のテープ版のマイナーゲームがWikipediaで記事になってるとか、よっぽどコレを好きな人がいたんだろうなぁ…。


------------------------------------
ウルティマIV / 1987年 / FM-7
------------------------------------
 ウィザードリィと並んで「コンピューターRPGの祖」と称される伝説的シリーズ第4弾。
 こちらも、ログインとかで「ウルティマすげー!」と煽られるも、AppleII用だったため遊べなかったのですが、ポニーキャニオンが満を持して日本語版を発売してくださいました。ありがとう。
(WikipediaによるとIIとIIIがスタークラフトから出てたらしいけど、買った覚えがないw)

 英語版が出た直後に「史上最大の圧倒的なボリューム」とか雑誌で煽られてたんで、覚悟してプレイしたところ、意外とあっさりエンディングまで行けた記憶が…。
 日本だと、1986年に初代ドラクエが発売されてたんですが、そちらと比べるとストーリーは哲学的だし、システムや謎解きはかなり複雑。
 ゲームの原体験が「ドラクエ」か「ウルティマ」かで、そりゃ嗜好も変わるよなぁと思わざるを得ないw


------------------------------------
グランディア / 1997年 / サターン
------------------------------------
 マイベストRPG of サターン。ちなみに2位はソウルハッカーズ。
 アニメとゲームを融合させた意欲作で、当時のRPGとしてはトップクラスのクオリティ(だった気がする)。
 ジュブナイル冒険譚的なストーリーも琴線に触れましたねぇ。フィーナちゃん可愛かったし。
 スーリタイアが辛かったです。

 いいゲームだと思うんですけど、そこまで売れたわけでもないので、HD化とかは無いだろうなぁ…。
 PSアーカイブで購入できるよ模様。「冒険RPG」が好きな方にはオススメですよ!


------------------------------------
ファイナルファンタジーVII / 1997年 / プレイステーション
------------------------------------
 日本のRPGを語る上で、絶対外すことのできないエポックメイキングなタイトル。
 このタイトル以降、見下ろし2Dタイトルが一気に物足りなくなりましたねぇ…

 内容に関してはほぼ忘れているんですが、ユフィ押しだったこととか、ナイツオブラウンド演出がクソ長かったような記憶がうっすらと…。

 FFシリーズは大きく分けると、ドット絵の1~6と、3D化した7~12(11除く)、そして13以降に分かれる気がします。
 そんな中「中興の祖」とも言える「VII」は、オールドファンの中で特別な感傷を引き起こすタイトルなのかなぁと思います。リメイクへの反響とかスゴイですしね。


------------------------------------
Diablo / 1997年 / Windows
------------------------------------
 確かこれ日本語版出てないんですよね…。
 にもかかわらず、当時のPCゲーマーの間ではかなり人気あったと思います。「PlayOnline」あたりで紹介されてたのかなぁ…

 Diabloが凄かったのは、インターネット上の専用サーバーを介した4人COOPが可能だったこと。
 実用的なレベルでネットプレイを楽しめるようになったのは、コレが最初じゃなかったですかねぇ…。
 ネットワーク対応タイトルは他にもあったと思いますが、たいていが自分でIPアドレス打ち込んでのp2pプレイとかだったし。サーバーアクセスしてサクっとcoopできるとか、衝撃的でした。

 友達とHELLに潜ってKoSHとか探したなぁ…結局、欲しかったのは出なかったけど。




 とりあえずこれぐらい。

 他だと記憶に残っているのは、国産RPGの礎ともいえる「ハイドライド」&「ドラゴンスレイヤー」。
 ドラスレの2作目で、当時は大ヒットとなった「ザナドゥ」(クリアしてない)。
 あとは、緩さが新鮮だった「イース」とか、タムリン可愛い「エメラルドラゴン」。スーファミ購入のきっかけとなった「ロマンシング サ・ガ2」あたりかなぁ…
 こうしてみると、日本ファルコムってば俺の青春だなw

 ああ、RPGと言えるかどうかは微妙ですが、「維新の嵐」「太閤立志伝」「大航海時代」あたりの、光栄の立身出世ゲー達も忘れられないすね。
 あの頃の光栄は光り輝いてましたね。

 書いてて気づきましたが、ファミコンは未購入、スーファミは末期購入だったため、両者のRPG思い出がほとんどないw
 プレステまではPCゲームやってる方が多かったんだなぁ…。

 2000年以前のゲームで、思い出深いものがあれば、教えていただけるとこれ幸いです。



[ 2017/12/19 17:14 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

話題のディアブロクローンがたったの5ドル。『Torchlight』が安売り中 

 Torchlightは、あのDiabloを作ったスタッフが制作に関わっているハック&スラシュ系のアクションRPG。
 いわゆる「ディアブロクローン」です。
 数あるクローン作品の中で、本作の特徴は

 安くて高品質。

 ということ。
 Torchlightはシングル専用という制限があるものの、わずか20ドルという低価格で販売されています。

 低価格ゲームということで、ちょっとクオリティに疑問が出てきますが、画面写真やユーザーレビューなどを見ると、アメコミ風のグラフィック、3つのクラスシステムによるアクションバトル、そしてスキルビルドなどを楽しめるゲームシステムなど、オリジナリティに溢れているわけではありませんが、丁寧に作っている印象を受けます。

Torchlightトレーラー


 GamesSparkの「海外レビューハイスコア:Torhlight」での紹介文によれば

Torchlightの開発を担当したのは、こちらもディアブロクローンとして定評のあったFateシリーズや、今は亡きFlagship StudiosでMythosを手掛けたクリエイターらが集結するRunic Games。少数精鋭で作られた本作は、マルチプレイが実装されなかったものの、たった19ドルという低価格に好意的な評価が多数寄せられています。

とのこと。
 実際、海外のメディアではかなり高評価を受けているようで、metascoreは83点という高得点。
 GDCで「Best Debut Game」を受賞し、SteamでもTopSeller1位を記録しています。
 
 一応、発売時からタイトル自体は知っていたんですが、あんまり情報もなくてスルーしてたんですよね…。
 で、しばらくしてから、いくつかのサイトでちょこちょこと取りあげられているのを見かけるようになって気になり始めたと…。

 定価が20ドルと超お手頃価格なこともあり、遊んでみようかなと思っていたのですが、実はこのタイトル

 Steamでたまーに大安売りされる

ことがあります。どれくらい安くなるかというと10ドルとか5ドル。
 500円で釣りきちゃうんですよw 投げ売りすぎww
 そんなワケで、最近こまめにSteamをチェックしていたところ、ついに来ました大安売りタイム。

 ただいま「Torchlight」は5ドルで販売中です。月曜までらしい。

 マジで5ドルなので、Diabloとかに興味がある人は衝動買いしちゃってもいいかとw
 僕は速攻買いました。生憎風邪引いている&アンチャ2が佳境なのでまだ遊んではいませんが…。
 まぁハズレでも5ドルなら全然OK。一応悪い評価も書いておくと「シンプルすぎてすぐ飽きる」ってコメントを何度か見かけました。
 遊んでみて面白かったら、あらためてレビューしたいと思います。

 あぁ、本作は英語タイトルですが、有志による日本語化も行われているようです。そのあたりはWikiなどでご確認下さい。

スチーム公式サイト
Torchlight Wiki
  ゲームの概要、システム解説をはじめ、海外メディアレビューの邦訳なども。
インディーズゲームの小部屋:Room#111「Torchlight」(4gamer)
Torchlight 批評(GAME LIFE)
  ユーザーレビュー


[ 2010/03/27 20:39 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

スクエニ、ファンによる同人プロジェクトを差し止め→批判の声も!?【ニュース】 

「逆転検事」に登場する,おなじみのキャラクター達の一部を紹介
 来週発売なんですね。裁判は全部買いましたが、こっちはどうしようかなぁ…。


大作MMORPG「The Tower of AION」の先行プレイレポート
「The Tower of Aion」先行体験プレイレポート:キャラエディット編
 エディットの様子がちょっと怖いw 最近の3Dキャラのエディット機能の表現力の高さは凄まじいの一言です。


ソニー、PSP用ソフトのダウンロードレンタルサービスを検討中
 メーカー主導ならまだイイですが、メーカーへのバックが無い状態でレンタルとかやると、RPGみたいな「終わったらもういらない」系のゲームは、みんな買わずに借りて済ませちゃうから廃れちゃう気もしますね。


Team ICOが手がける新作のトレイラーが流出!?
 チームICOのゲームってやったことないんですよねぇ…。しかし世間的には期待値は高いようなので、もう少しいろいろ情報が出てくれば注目を集めそうです。


『Diablo III』最新ショットとムービーが公開
 いつ出るのかなぁ…



『明日世界が崩壊します。あなたが最後にプレイしたいゲームは?』結果発表
 GameSparkさんのアンケート企画。「ゲームやらない」とか思った自分はゲーマーじゃないかもしれないと思ったのはさておき、やるとすればなんだろう…FF9のラストとかDiabloあたりかなぁ…。なかなかぱっと思いつかないですね。


薄型PS3の写真、法的な威嚇の口火に
 うちでは写真を載せたりはしなかったので何もなかったのですが、一部のサイト様では警告がきたり、ページ自体を削除したりしていた模様(GameSparkさんあたりはリンク切れしてたし)。噂系ニュースでここまで対応が厳しいのは珍しいケースな気がします。


不正行為には「ズルい人」の称号が-Xbox360で新たな試み
 外部ツールとか使うと「Cheater」って称号がついちゃうらしいです。誤認とかしちゃうと大変そう。とはいえ試み自体は悪くはないんじゃないでしょうか。ツール使用に文句はないのですが、ネット環境上では同一の条件でプレーすべきだと思います。チートしたいならオフでやれ。


スクエニが海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
 海外のクロノトリガーファンが、「原作ROMをハックしてスプライトデータとかをパクって」自作続編を作成、リリースしようとしたところスクエニからストップがかかったとのこと。それに対した一部のメディアの反応がコチラ。
“その昔ファンがHalf-Lifeを改造してCounter-Strikeを制作した時、Valveが何をしたか知っていますか?彼らはファンの努力を横暴に停止するのではなく、ゲームのライセンスを取得するとそれによって商業的に成功を収めました。”(Kombo.comの記事より)

“クリエイターをDSやWiiウェアへの移植プロジェクトに参加させるなど、ファンの情熱をマーケティングベネフィットとして利用することを考えてみてください。一般的な戦略としては極端なやり方かもしれませんが、弁護士を使って追い出すのに比べたら、よっぽど前向きで有益ではないでしょうか。”(英The Guardian紙の記事より)

 スクエニには多めに見てやればいいじゃんと思わなくもないですが、かといってメディア側の批判が適当だとは思いません。スクエニにすれば批判されるいわれはないだろって感じ。
 そもそもハックしたデータを利用したことを「努力」とか「情熱」っていうのが間違いかと。もちろん彼らの論調のように同人的な作品をマーケティングとして利用するという方法もあると思いますが、それを選ぶかどうかはあくまでメーカーの考え方次第。自分たちが作った作品を勝手にいじくり回されて発表されることを認めないというのも当たり前の選択の一つでしょう。



ゲームは原作クロノ・トリガーと同じキャラクター達が登場し、ジール王国の秘宝から蘇った新たな敵に立ち向かうストーリーが展開。35時間のゲームプレイ、23のチャプター、10種類のエンディングが用意されていたとのこと。


 しかしよくできてるなーw クロノ好きなんで遊んでみたいと思うわww
[ 2009/05/23 23:28 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(17)