PS3テイルズはフルボイス化にイベント追加の大幅進化バージョンに 

 一つ前のエントリでお伝えした「テイルズ オブ ヴェスペリア」のPS3版についての新しい情報が、ゲームサイトに掲載されています。
 それらによると、PS3版は「単純な移植でいいのだろうか? という点を熟考した」上で「新キャラクター“パティ・フルール”が追加。さらにメインシナリオ部分をすべてフルボイス化。追加された台本は「前回(Xbox 360版)録ったのと同じくらいの量」になるほどの大ボリュームになる」とのこと。
 またGparaには「新たなイベントシーンやサブシナリオも追加される。他にも、PS3版ならではの追加要素も用意されているとのことだ」とあり、追加要素はなかなかのボリュームがありそうです。

プレイステーション3版『テイルズ オブ ヴェスペリア』の発売が決定(ファミ通.com)
新キャラ・パティ登場 PS3版『テイルズ オブ ヴェスペリア』発表(Gpara)

tov-paty406.jpg

 フルボイスかー。個人的にはもう一度買おうとは思いませんが、なかなかインパクトある追加要素ではないでしょうか。これでやり込み用ファイナルダンジョンとリタ追加シナリオあたりが合わせて追加されたらグラっとくるかもなぁ…。

 ちょっと気になったのは、同記事内のプロデューサーさんのコメントで「単純な移植でいいのだろうか? という点を熟考した」というモノ。その答えが「いや良くないから一杯追加しよう」となり、新キャラ&フルボイス&追加イベントとなったのでしょう。新規ユーザーへのサービス精神としてはまったくもってけっこうですが、同時に「先に買ったユーザーへのフォローはどう考えていますか?」も聞きたいところ。
 釣った魚にエサはやらないじゃないですけど、買った人はほったらかしって正直どうかと思うんですよね。

 まぁこの手のことは良くあることだし、ToVに関して言えば、基本システムはそのまま、シナリオも大幅に書き足された完全ストーリー! とかじゃないので、まだ良心的だとは思うんですけど、それでもテイルズのために360ごと買っちゃったような人は、内容がほぼ同じバージョンが出るだけならまだしも、新キャラ&フルボイス版を後から出されると心穏やかではいられないだろうなと思います。
 せめて後発版がほぼ同じ内容か、DLCや追加ディスクなどで同じ内容のモノが廉価で入手できればイイんですけどね。
 つか360用の追加キャラ&ボイスDLCって出ませんかね? 個人的には「既に360版を買っているけどボイスと新キャラのためにPS3版も買う人」<「新キャラ&新イベント&シナリオフルボイスがDLCで安く買えるなら買ってもいい人」だと思うんだけどな。

 まぁ要はFFインターナショナル版はアペンドディスクにして1500円ぐらいで売ってくれってことです。

 
 テイルズ移植エントリで、ファミ通情報のコメントを下さった方、情報提供ありがとうございますm(_ _)m
[ 2009/04/07 08:02 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(35)

CEDEC『ヴェスペリア』講演:DLCの売上は「無視できない数字」 

 CEDECの基調講演は、開発者さんたちの声がいろいろ聞こえてきて楽しいですね。インタビューとは違った「講演」ってスタイルも面白いです。
 こんなの楽しんでる時点で俺ってゲームフェチだよなと思い知らされるんですが(>_<)
 来年は行ってみようかなと思って公式サイトみたらパスが1日1万5千円、3日で4万円とかしたんで諦めました。来年も大手ゲームサイト様に頼ることになりそうですorz

 さて、気になった記事を2つほど。講演内容を掲載してくれるGpara様に感謝です。

tov2rs.jpg

【CEDEC 2008】『ヴェスペリア』講演「PS2ならシリーズが終わっていた」(Gpara)
 こちらはヴェスペリアの開発秘話みたいな感じ。「SDからHDになっても、前作のスタッフがそのまま残って経験があったので、結果としてスタッフの人数はそれほど変わっていない」とのこと。まぁアニメ絵ってのもそこそこ影響している気がしないでもないですが、それ以上に開発スタッフの技術力がものを言うってことなのでしょう。
 あと、以前ちょっと話題になった「レベルをDLCで販売」も話題になったようです。
「作り手としてはやはりあらゆるユーザーに最後まで遊んで欲しい」「そのために作り手ができる手伝い」であり、同時に「攻略本と同じような、新しいビジネスの糸口になりうるもの」
ということです。DLCでレベルを買うこと自体は、ToVのようにしっかりバランスとって買わなくてもOKな前提でやってくれているのなら問題はなかったのですが、ちょっと気になっていたのは、お金を取るのはどうかなぁっていう部分。
 それに対する答えが「新しいビジネスの糸口」とか言われると、仕方ないのかなとも思いました。消極的納得って感じ。向こうも商売ですし、そもそも「買わなくても全然OK」なものですしね。
 ちなみに売れ行きは「無視できない数字」だそうです。けっこう買った人いるんだなー。まぁ僕も2週目のときはレベル10分買ってもいいかなと思いましたけどw


【CEDEC 2008】セガ名越氏講演「『龍が如く』はまず、世界展開を捨てた」 (Gpara)
 こちらの記事も興味深かったです。
 深く狭くってやり方はありでしょうけど、けっこう怖いんですよね。本でコレをやる場合「単価を上げる」ってワザがあります。深いものの場合、それが好きな人は多少高くても買ってくれますから。ただ、ゲームは元が高いからあんまムチャな値段にできないってのがあって大変そうです。
 笑ったのは

>当時社内の評価機関が割り出した予想販売本数は、せいぜい3~5万本といったところ

 の件。いやいや、10倍の精度で間違っちゃう評価するような機関じゃダメだろセガwww
『龍が如く』は歌舞伎町バージョンはあんまり興味がないんですけど、PS3の時代劇バージョンはやってみたいタイトル。PS3買ったら一緒に購入しそうです。
[ 2008/09/11 17:55 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(2)

テイルズ オブ ヴェスペリアをクリアしたのでレビュー_その1 

 テイルズ・オブ・ヴェスペリア 8点。

 テイルズが終わりました。 なんとなく採点してみたり。
 久々にちゃんとRPG終わらせたーって感じですね。ペルソナもやりましたが、アレはいわゆる「RPG」ってノリじゃないし。

 今までは「アニメ絵とか別にHDじゃなくてもいいんじゃね?」とか思ってたんですが、ToVやって考えを180度転換。

 アニメ絵もHDの方がいいです( ̄ー ̄)

 なんていうか、深度が違うというか空気が違うというか、とにかくPS2時代のものとは次元が違いました。

tov1.jpg
▲ゲーム内のポリキャラとムービーとで露骨にキャラの絵が変わるのがちょい難点。
つうかゲーム中のポリキャライベントの方がイイ感じの絵な気がするのは僕だけでしょうか。

 ロード時間、インターフェース、作り込み、ボリュームなど、ゲームの基本設計についてはケチのつけどころナシといってもいいほど。ToVを気に入るかどうかは「ストーリー&キャラ」と「戦闘システム」が合うか合わないか、それに尽きると思います。(RPG自体キライとかはマタの機会で^^)
 クセがあるわけではないですが、ベタなアニメ系ノリと、せわしないアクションバトルはドラクエあたりと比べればプレーヤーを選ぶのは事実。あっちは「一般人全然OK」ですが、こっちはある程度マニア層向けなのかもしれません。

 長いのと、ちょっぴりネタバレがあるので折りたたみ。
[ 2008/08/29 23:04 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(1)

テイルズ オブ ヴェスペリアをクリアしたのでレビュー_その2 

tov6.jpg


●戦闘システム&やり込み
 テイルズといえばアクションバトル。
 ただ、ある程度ボタン連打でもなんとかなるレベルなので、アクションが苦手な人でもまぁまぁ遊べるかと。さすがにボス戦になると連打だと厳しいときもありますが、難易度はいつでも自由に変更可能なので、いざとなれば難易度を下げることでも対応できる親切設計になっています。
 一方で「コンボ」「チェーン」「フェイタルストライク」「オーバーリミッツ」など様々なギミックが組み込まれていて、格闘ゲームよろしくアクション要素を思いっきり楽しむことも可能。使う技、発動する順番、タイミングなどを考えながら100連コンボを叩き込むことに夢中にもなれます。
 また操作キャラは自由に切り替え可能。オーソドックスな剣士のユーリ、空中コンボ系のジュディス、魔法キャラのリタと、キャラを変えるとアクションもガラリと変わるので、いろんな戦い方が楽しめるというのも嬉しいところです。
tov7.jpg
▲ガードとかまったく使わずにぶん殴ってます。
お気に入りコンボは峻円華斬→円閃牙→円閃襲落。
キャンセル系スキルと組み合わせれば無限ループでウマー


 その反面、アクション性が高いために操作キャラクター以外が何をしているのかがよく分からず、戦闘での「パーティ」の必要性が薄れているという弱点も目に付きます。ありていに言えば「このバトル、パーティの必要あるのか?」ってぐらい。
 AI自体はかなり細かく動作方針の設定ができるのである程度までは意図通りに動かすことが可能ですが、それでもやっぱりパーティーメンバーの存在感は希薄です。もうちょっと「みんなで協力して戦っている」感がでると、より楽しめたはず。ちょっと惜しい気がします。
[ 2008/08/29 23:00 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)