Steamで『ダークソウル2』を買おうとしたら、おまバザ&おま値で海外より5000円も高かった件 

 Steamでオータムセールが始まりました。

 ダクソ3がおもしろかったので、前からオータムセールで「ダークソウル2」を買おうかなーと思ってたんです。

 ところが、去年のセールでは安く売っていたのですが、今年はダークソウル2はおろか、ダクソシリーズは全部セール対象外。
 「あー、今年はセールしないのかぁ」と思ってあきらめることに(定価で買う気は無いもよう)。

 ただ、Steamのトップを見ていると「おすすめフランチャイズ」に「ダークソウルシリーズ」の文字が。
 さらによく見ると「最大0%オフ」という、ただの煽りとしか思えない注意書きが…

 もしや? と思い、海外版Steamでダクソの値段を調べてみると…

 全部セール中でした!

 ちなみに海外でのセール価格は…
 ダクソ2が10ドル。     (日本人通常価格5720円)
 初代リマスターが30ドル。 (日本人通常価格4730円)
 ダクソ3は15ドル。     (日本人通常価格4620円)

 おま値格差がスゲーな!!!

 まぁバンナムといえば「おま国&おま値」の総本山なわけで、普段は正直気にしないというか、そもそもバンナムのゲームはできるだけ購入希望対象から意識的に外しているので、今まで被害は少なかったのですが、いざ欲しいと思ったゲームが「おま値」対象だとやっぱりイラっとしますねw

 ついでだったので、バンナムの他のゲームのおま値もチェックしてみました。
(海外価格はドル小数点以下適当削除価格に0.9掛けて算出。2019年11月27日時価格。実際の購入だと為替レートがもう少し悪くなるので価格差は縮まると思います))


タイトル海外価格国内価格価格差
コードヴェイン504063141274
ソウルキャリバー618002508708
テッケン713501320-30
スパロボV585083602510
MAN OF MEADEN21602112-48
ゴッドイーター3288045101630
エースコンバット7288041801300
テイルズオブヴェスペリア27003135435
塊魂リロール10801760680
SAO ロストソング7201232512
二の国224302992562
ダークソウルRe270047302030
ダークソウル2 SotFS90057204820
ダークソウル3135046203270
ドラえもん牧場物語おま国
ドラゴンボール系おま国
ワンピース系おま国
ナルト系おま国
テイルズオブゼステリアおま国


 新作だと2000円ぐらいの価格差で、古い作品でも500円ぐらいは日本の方が高い感じでしょうか。

 しかし、基本販売価格よりセールの有無の方が圧倒的に影響がでかいw
 まさか一番内外格差の酷いタイトルが、僕の欲しかった『ダークソウル2』になるとは、なんという不幸中の不幸。
 価格差5000円は酷いでしょw
 いっそVPN使って強引に買ったろうかと思ったけど、めんどくさいからヤメました。

 ジャンプとかドラえもん系のタイトルが「おま国」になっているのは、版権処理がめんどくさいからですかねぇ…。
 海外では版権問題をクリアして売れてしまう理由はわかりませんが。

 ゼステリアがおま国なのは…なんでだろ?w たぶんビジネス判断なんでしょうね。



 しかし、500円程度のおま値は、まぁ別にいいかというか、たいした影響ないと思うんですよ。
 1000円が1500円でも、欲しい人は買うと思うし、多少購入者が減っても、単価が高い分、総売り上げで見たら損はしてないのかな…と。

 ただ、新作のおま値というか「日本だけ定価が2000円ぐらい高い問題」は、どうなんですかね?

 正直、僕は6000円以上するゲームはもう買ってないです。
 RDR2やボーダーランズ3の「ぎりぎり6000円」ぐらいが購入限界ラインw
 その値段以上払うと、他に欲しいゲームを2~3本買えちゃうんだもんw

 よっぽど欲しければ8000円とかでも買うかもしれないけど、ライバルが多すぎて、現実問題としてはかなり難しいでしょうね…。
 最近だとめちゃくちゃやりたかったRDR2ですら「価格6000円」「他に積みゲーがいっぱい」の2重ブロックによって、購入見送り中ですから。

 バンナムだと、最近のタイトルでは『コードヴェイン』とか『スパロボV』は欲しかったけど、ベース価格が高すぎて、ウィッシュリストに突っ込んで放置しているのが現状です。


 「おま国」「おま値」問題は、日本語対応コストとか、版権問題とか、声優音声権利問題とか、CSと小売りとパッケ版との兼ね合いとか、いろいろややこしい問題が絡みまくっているのでしょうから、一概に「悪い」とは言えないのかなぁ…とは思います。
 メーカーも理由もなく悪者になろうとはいないでしょうから(しないよね?)、なにかしら合理的な理由があるのでしょう。

 とはいえ、そういった部分を飛び越えて「日本だけ高い」とか「日本でだけ売ってくれない」って、やっぱり印象がよくない。
 なので、僕の中では、バンナムとかセガは、イメージがすごく悪いですw

 ゲームを買うか買わないかでの一番の判断基準は「ゲームの中身」なので、企業イメージが腐っててもいいゲーム出してくれれば買います。

 とはいっても、メーカーのイメージが悪いと、完全新作だとクオリティに不安が残るとか、定価が高いと完全版商法しそう…なんて不安がでてきて、購入やめたり様子見したり…ってケースが増えてくるのは間違いないところ。
 あと、同時期にライバル商品があると「あっちメーカーの方が好きだらかあっち買おう」なんてケースもあり得ますよね。

 とにかく、嫌われメーカーのタイトルは、購入のハードルが爆上がりするんです。

 最初は、おま国おま値にも理解すべきところがあるのかなぁ…なんて考えながらこのエントリを書き始めたんですけど、やっぱり「あっちでは安いけど、あなたには高く売りますね」を納得して受け入れるのは難しい模様。

 なんか、今度は、和ゲーというかおま国おま値している、国内某3(4?)大メーカーのゲームは遊ばなくなりそうだなぁ…。
 ていうか、すでにほとんど買ってないんですけど。

 時代の流れで仕方ないこととはいえ、ファミコンスーファミのスクエニコーエーで育ってきた世代としては、なかなか感慨深いものがありますね。



【参考リンク】
・音声の権利が日本は高い(Game Spark)
なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る
 ダークソウル系は関係ないよなぁ…
[ 2019/11/27 21:39 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

「ダークソウル3」を遊んでみた:良作だけど面倒くさがりな僕には敷居が高いところも… 

 最近、配信で『ダークソウル3』をプレイしてます。

 もともと興味はあったのですが、僕は「難しいゲーム」というか、手間がかかる面倒なゲームが苦手。
 遊んでて疲れちゃうんですよね。

 ただ、ダクソは世間での評判がよかったこともあり、興味はあったので遊んでみることにしたワケです。

felix2zのシリーズ初プレイ。一から始めるダクソライフをwww.twitch.tvから視聴する

 で、実際に遊んでみたところ、確かに難しい部類のゲームなんだけど、クソ難度ってほどではないかなぁ…と。
 ボスも簡単なヤツなら初見で勝てるし、強いやつでも1時間ぐらい頑張ればなんとかなるレベル。
 今どきの「誰でも解ける」ほど簡単ではないけど、前世紀のマジガチ難度ゲーと比べればはるかに親切です。

 強いボスだとしても、攻撃パターンのメリハリがしっかりしてて、守るべきタイミングや、攻めるべき弱点が分かりやすいので、「キッチリとツボを抑えていけば勝てそう」というのが最初から見えるのが素晴らしい。

 これが、攻撃力がバカみたいに高いとかHPが多すぎるとかで、「どうやって勝てばいいのか分からない」状態だと、戦う前に心が折れるのですが、ダクソの場合は勝ち筋が見えているので、モチベを保ったまま戦い続けられる作りになっています。

 大型モンス共とターン制のバトルを楽しめた頃のモンハンが近いかんじかなー。

 と、世間のダクソに対する「クソ難しい」「死にゲー」という評判ほどには、無茶なゲームじゃない。
 ちょっと遊べば解法にサクっと気づけるような配慮がしてあるし、根本的な部分は優しい作りだと思います。


 ただね、やっぱめんどくさいんですよorz

 ボスはいいんだけど、ザコ、それも「死んでザコからやり直し」ってのがツラいんですわ…w
 このゲーム、死ぬとチェックポイントからやり直しで、同時に倒したモンスターも全復活します。
 マリオなんかと同じシステムですね。

 つまり、ミスるたびに、ザコ処理をやりなおさないとダメ。
 でもって、ザコがそこそこ強いから、ちょっと気を抜くとあっさり死んじゃう。

 ここの緊張感こそがダクソの醍醐味の一つなんでしょうけど、ヌルゲーマーにしてオレツエェェェェェが大好きな僕的には、ずっと緊張してプレイしてると精神的疲労度が激アップするんですw

 とはいえ、ダクソに関しては、「ザコもっと弱くしろ」とか「死んだ場所でリポップさせろ」 って言う気にはならないんですよねぇ…
 たぶん、それやるとヌルゲーになり、高難度だからこそ発生する「俺はやったぞー」的達成感が大幅減衰間違いないから。

 「ザコが強くて気が抜けない」は、ダクソにとってアイデンテテーだったりするワケで、そこに文句つけるなら、そもそも他のゲーム遊んでろこのヌルゲーマーめ、って話なワケです。

 そう、結局悪いのは僕ですね。ハイ。



 高難度ではあるけど理不尽ではなく、死に覚えゲーではあるけどデストラップは少ない。
 なので、「難しそうだから」って理由で避けている人は、一度遊んでみると、シリーズに対する印象が大きくかわるかもしれません。

 同時に、昨今のゲームとしては珍しいレベルの「緊張感を維持してプレイ」を求められるので、その辺りは覚悟しておいたほうがよいかと思いますYO!

[ 2018/05/23 22:38 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

海外ゲームサイトGTが選ぶ「ダークソウル」のトラップベスト10 

 ダークソウルのトラップTOP10動画。
 僕はデモンズはちょっとやったのですが、あまり合わなかったのでダークソウルは未プレイなのですが、この動画はなかなか楽しめました。死にっぷりが潔いw

 エレベーターのトラップが酷いww

 ダークソウルが好きな方はもちろん、未プレイの方も、ファンタジーゲームにおけるトラップいろいろを楽しめる動画です。



DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION
フロム・ソフトウェア (2012-10-25)
売り上げランキング: 130

[ 2013/04/18 12:50 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)

「ダークソウル」のE3ゲームプレイ直撮り動画いろいろ。ドラゴン大迫力 

 E3がらみで、ダークソウルの動画をいくつか集めてみました。
 マイお気に入りは「DRAGON ATTACK」と、1番最後の「Dark Souls E3 Demo」の最後の方の戦闘シーン。

 敵がデカくて強そうでカッコいいよ!



[ 2011/06/09 22:47 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

「ダークソウル」の発売は9月15日。最新PV&海外イベントの直撮り動画も 

『DARK SOULS(ダークソウル)』の発売日が決定。最新トレーラーも公開!
 9月はテイルズとかICOとかギアーズとかいろいろ出ますね~。
 僕は基本的に遊んでいるゲームがあるときはなるべく他のを買わないようにしているので、発売日が固まってしまうと結局どれか1本だけになっちゃうケースが多いんですよ…。どれにしようかなぁ…。



 日本語字幕付きの動画はコチラ


『Dark Souls』の11分に及ぶ直撮りゲームプレイフッテージ


 GameSparkで紹介されていたイベントの直撮りムービー。ドバイでのバンナムイベントでのインタビューとのことですが、受け答えは日本語で行われているので、内容がしっかり分かるのが嬉しいところ。
 またインタビューのバックで動いているゲーム画面が10分以上も流れているので、「ダークソウル」に期待している人には、かなり見応え&妄想しがいのある動画といえそうです。


 ちなみにダークソウルのインタビュー動画は他にもいくつかありまして、Youtubeで「Dark souls Interview」で検索するといくつかひっかかります。外国語に訳されているので少々ハードルが高いですが、映像も流れていますし、ちょっと見てみるのもいいかもしれません。

B004M5ISNKDARK SOULS (ダークソウル)
フロム・ソフトウェア 2099-01-01

by G-Tools

[ 2011/06/04 21:15 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(2)

「デモンズソウル2」の後継作は「ダークソウル」に決定。最新PVも公開 

「デモンズソウル2」として期待されていた、フロムの新プロジェクト「プロジェクト・ダーク」が、このたび正式タイトル「ダークソウル」として発表されました。

『DARK SOULS(ダークソウル)』至極のファンタジー新生

『デモンズソウル』のスタッフが手掛ける完全新作が『DARK SOULS(ダークソウル)』(以下、『ダークソウル』)だ。本作は『デモンズソウル』と同様のテーマを持ち、内容を発展させた作品。気になる難度は、“ただ簡単にすることはありえない”らしい。そんな本作の魅力の一部を紹介しよう。

 ファミ通.comの記事では、さらに世界設定やイメージイラストを公開しているので、詳しくはそちらで。今週のファミ通にも詳細な記事が掲載されるようです。
 公式サイトは2/4公開です。

 また海外ではアナウンストレーラーが公開されています。期待どおりダークファンタジーな雰囲気たっぷりのデキとなっています。



 開発はフロムで販売はバンナムになったもよう。
 ファミ通表記では対応機種はPS3のみ。公式では機種表記は今のところ無し。
 海外ではPS3と360の両方で発売されます。
[ 2011/02/03 18:10 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(2)