『ファイヤーエムブレムヒーローズ』を始めてみた。思ったより戦術性が高かった 

 スマホでゲームしたくなったので、いろいろ探してみた結果

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』(以下FEH)

 に手を出してみました。
 とりあえず、1週間ほど遊んだ時点での感想です。

 ファイアーエムブレムというだけあって、基本的なシステムはそっくり。
 スマホ用ということで、同時出撃可能人数は4人と少なめ。マップもかなり小さいので、大幅にとっつきやすくなってます。

 狭いマップで少人数バトルというと「SLGとしての面白さがスポイルされているのでは?」と不安になるところですが、FEHでは「高難度マップ」を用意することで、その問題を回避しています。

 高難度マップでは、敵がかなり強いため、各キャラが使用できる特殊能力・バフ・デバフを駆使しないと勝てません。
 キャラクターたちの各能力の効果や発動の仕組みがオリジナルよりも複雑なこともあり、的確に活用して勝利をつかむためには、詰め将棋的なロジカルな思考が求められます。
 「キャラの特徴を活かして勝ち筋を見つけだす」という戦術的なおもしろさは、なかなかのものだと思います。




ガチャの話し。

 FEHのガチャ&キャラ育成は以下のような特徴があります。
・ガチャ用オーブの無料配布は多め。非課金でもそこそこ回せる。
・レアリティは星3・4・5。最高レアの星5の輩出率は6%オーバー。
・ゲーム内アイテムでレア度を上げられる。星3キャラを星5にすることも可能。
・ただし星5限定キャラもいるため、星5キャラを引かなくてもOK! とはならない。
・同キャラを合成する「限界突破」採用。
星5の突破には星5キャラが必要。
最大突破回数は10回と非常に多め。
星4キャラを10回突破すると、星5の5回突破程度らしい(未確認)。
レアを上昇させると突破回数はリセットされる。
・キャラのスキルを他キャラに継承できる。

 総じて、非課金勢でも楽しめるように配慮されているかと。
 低レアキャラがガチャで出ても最高レアに上げられるし、スキル継承や限界突破を使えば、低レアのまま戦力として活用できます。

 その反面、最強キャラを作ろうとすると「10回限界突破」という壁が大きく立ちはだかりそう。
 ガチで強キャラを作ろうとすると、下手なソシャゲよりも重課金しないとダメかもしれません。


 難度的には、最大限界突破キャラじゃなくても大丈夫らしいので、無課金・微課金でもすべてのコンテンツを楽しめるようになっている模様。
 重課金が求められるのは、対人のランキング系コンテンツだけなので、そこを気にしないのであれば、課金重要度はかなり低めと言えるでしょう。

 ただ、あえてツッコむのであれば、FEHは「かなり課金しないと、キャラを最強育成するのが難しい」という仕組みのようです。
 他のゲームでは、課金はスタミナ補充だったり、単に強キャラを引くためのものだったりと、キャラ育成そのものには負荷を掛けないケースも珍しくないですが、FEHはそうではありません。
 「お金を掛けないと、自分のキャラを最高レベルまで育てるのが著しく難しい」という部分に引っかかりを感じる人は、FEHは向いていないかもしれません。


 かくいう僕も、実はそこに引っかかっているのですが、とりあえず、そのレベルに到達するには、まだまだ時間がかかりそうなので、とりあえずスルーすることに。
 最近は「スマホゲーは1~2ヶ月楽しめればいいや」と思うようになったんで、あまり先のことを考える必要もないかなとw

まとめ

 FEシリーズのキャラが総出演していること、各種システム、BGM・効果音などを継承していることなど、FE感覚でプレイできるのは大きな特徴。

 リリース当初は「FEの戦略性のカケラもないヌルゲー」という声も聞こえたのですが、実際にプレイしたところ、しっかりとしたキャラ育成システムと高難度マップの存在によって、ある程度の歯ごたえがあるものに仕上がっています。

 FE好きであれば、まずまずオススメのタイトルだと思います。
[ 2018/08/23 12:22 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(2)

消費者庁、ソーシャルゲーム利用者に「金を使った感覚を忘れるな」 

消費者庁、ソーシャルゲーム利用のガイドラインを発表
消費者庁ガイドラインPDF

 個人的に、ソーシャルゲームというジャンルは実体と名義がかけはなれているんじゃないかと思いますが、いわゆる「ネット経由で課金できるゲーム」のガイドライン。

 僕は最近パズドラを絶賛無課金プレイ中なんですが、ときおり課金の誘惑に駆られるんですよねぇ。普通にゲームとして良くできてると思います。
 まぁ1ガチャ300~500円とか払うんなら、うまいラーメン食おうと思うんで、毎回踏みとどまれるんですが、払っちゃう人の気持ちも分かります。

 1ガチャで歯止めがきかずに10回100回突っ込んじゃうのもやむを得ない。強いモンスター欲しいもんww

 感覚的には、昔ゲーセンでバーチャが止まらず1日2万入れたのと同系統なんでしょうが、一番の違いはソシャゲは「家にいながら金を使える」ってことじゃないかなぁ…。ヤメ時がないよね。
 あと1playごとに時間が経過するゲーセンと違い、ガチャだと一瞬で金が消えるのも大きそう。


 そんな「ついついお金を払いたくなるソーシャルゲーム」を楽しむにあたって、消費者庁が「遊ぶ側の心構え」、そしてソーシャルゲームがらみの相談内容の統計を発表しています。

○生年月日等の利用者情報を正しく登録すること。
〇パスワード等の登録情報を厳重に管理し、むやみに他人に教えないこと。
〇無料と有料の境目を十分見極め、有料サービスの利用時には、課金状況を随時確認すること。
〇保護者として、課金状況を自分の目で定期的に確認すること。
〇少しでも不審なことがあれば、遠慮せずに各地の消費生活センターに御相談を。


 PDFでは、個々の項目ごとに、もう少し突っ込んだ話が書いてあります。
 とくに興味深かったのは2番目について。

「一般的に、有料サービスにはその旨の表示がありますので、無料と有料の境目を十分見極め、有料サービス
の利用時には、その中身と金額を冷静に確認し、その後も課金情報(総額)を随時確認すべきです。どんなにゲームに熱中していても「課金された感覚」を忘れないことが重要です。

 これ超大事だと思いますわ。
 分かってて使うなら自己責任。最悪なのは適当に使って、後で額だけ見て後悔するってパターンでしょう。


 ソーシャルゲーム関連は、消費者庁への相談件数も多いようで、まだまだ問題の多い分野のようですが、もうしばらくすれば、利用者側も「フリーミアムモデル」に慣れて、上手なつきあい方を覚えていくんじゃないですかねぇ…。

 個人的にはガチャというシステムは、業界側が上限金額を大胆に設定するなどの自主規制をすべきじゃないかなと思いますが…、まぁおいしい儲け口でしょうから、ムリでしょうね。

 僕は、アツくなると歯止めがきかない性格なので、今後もフリーミアムゲームには「できるだけ」手を出さない予定です。楽しければやっちゃうけどw
[ 2013/04/04 07:49 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)