『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』感想。オープンとリニアの素晴らしき融合 

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をクリアしたので、レビューというか感想的なものを。

 すでに神ゲー的な評価を受けている本作ですが、僕もまったくもって同意します。
 正直、ドラクエ1やFF7、マリオ64や時オカクラスの「歴史に名を残す」レベルと言って差し支えないかと。
 それぐらい、すばらしい作品です。遊べてよかったw



 ゼルダのスゴさはいろいろあるんですが、個人的にもっとも感心したのは、オープンワールドでありながら、メインストーリーがかなりしっかりしてるというか、”基本的”に「ストーリーに沿ってプレイする」スタイルが確立されているところ。

 オープンワールドRPGとリニアRPGが、見事に融合しているんです。

 多くのオープンワールドRPGは、世界を自由に動き回れる反面、行動の「結果と報酬」がざっくりしていたためモチベーションを保つのが難しかったと思うんです。
 ゲーム側が目的を用意してくれないから、遊ぶ側が自分で目的を設定してモチベーションを保つ。
 それが従来のオープンワールドの遊び方。
 オープンワールドが苦手な人って「何をしていいのか分からない」と同時に「達成感が得られない」ってのが嫌なんじゃないかなぁ…と。

 ところが、ゼルダはオープンワールド的な数々のプレイ要素を「リンクを強くする」という一点に集約させています。

 狩りをして食材を得て料理を作れば、回復や強化アイテムを入手できる。
 敵を倒して武器を拾えば攻撃力がアップする。
 祠の謎解きをクリアすれば、リンクのステータスがアップする。

 世界を自由きままに旅しつつも、それらの行動がすべて「ガノンを倒してゼルダを救う」という、ストーリーの最終目標につながっています。

 祠の謎解きは確かに楽しいです。
 でも、それそれだけを大量に用意されても、途中で飽きると思うんです。
 だけど、ゼルダは「祠の謎解き」という単発イベント的なものに、リンクのステータスアップという要素、つまり「行動に対するリターン」を手厚くすることで、飽きない、もしくは一旦止めても別の機会に再挑戦したくなる設計にしています。

 上記に限らず、ゼルダは「達成感」を得られる仕組みがゲーム全体に散りばめられています。

 以前、どっかのゲームサイトで「日本やアジアでは経過ではなく結果を楽しむ傾向が強い」という記事を読んだことがあります。
 そんな理由からか日本ではイマイチ人気のないオープンワールド系RPGですが、達成感の塊である『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』であれば、そんな人でも間違い無く楽しめるはず。
 そして、今までオープンワールドが苦手だって人に、その魅力の一端を教えてくれる得がたい作品だと思います。

 RPG好きなら、ぜひプレイして欲しいなぁ。

ゼルダの伝説
ブレス オブ ザ ワイルド
Switch

ゼルダの伝説
ブレス オブ ザ ワイルド
[Wii U]


-------------------------------------------------------------------
 オマケ:オープンワールドRPGと昔のジャパニーズRPGの話


[ 2017/06/09 15:16 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

「ゼルダの伝説 風のタクトHD」クリア&感想。GC版とほぼ同じ"移植作" 

「ゼルダの伝説 風のタクトHD」をクリアしました。
 仕事がらみなので攻略本見ながらですが。

 風のタクトはGCの時にクリアしてまして、当時は

 大絶賛

 したのをよく覚えています。
 買うまでは否定的だった猫目リンクたちも、いざ遊んでみると実にいい味でてましたし、何よりディズニーインスパイアなアートディレクションや、アニメ的でアーティスティックなエフェクトが素晴らしかった。

 また大航海時代やATLASなど、海系ゲームが好きな僕にとて、舞台が大海原で、船にのって自由に航海しながら、さまざまな旅を冒険するというのも魅力的でした。


 一方で、世間の評価はあまり芳しくなかった印象です。
 日本でゲームキャラというとアニメ系が中心なわけで、そんな中で、あの猫目なキャラデザインは異質すぎ。
 また、ゲーム内容も僕は楽しかった大航海冒険シーンも「だだっ広い海を延々移動しなきゃいけなくて苦痛」という声が大きかったようです。

 そんな風のタクトが、このたび晴れてHD化!
 WiiUという最新機種でどのように生まれ変わったのか興味を引かれるところです。




 なにも変わってませんでした。


 HD化してるんですけど、正直アニメ絵のゲームってHD化の恩恵少ないですよねぇ…。

 今回、GCをひっぱり出して比較したワケではないので、たぶん並べて比べれば間違いなくHDの方がきれいなんだと思います。
 たとえばテイルズもヴェスペリアのHDグラフィックは、それまでのSDグラフィックと違って、あきらかにクオリティの違いがありました。
 ヴェスペリアやってからPS2のアビスやると、そこそこガッカリしましたから、この風のタクトもWiiU版やってからGC版やったら、多分がっくりすると思うんです。

 でも、第一印象的な部分では、「あんま変わなんねーな」というのが正直なところ。
 HD化によって感動的な変化は感じられません。

 もちろん、細かい部分ではいろいろチューンされています。
 パッドを使ったアイテム操作やマップ表示は実に便利。
 かって「かったるい」と非難囂々だった船での移動には「倍速モード」と「自動風向き変更モード」が追加され、海の移動が思いっきり楽になりました。
 その他、くどかった演出がシンプルになっていたり、作業的だったイベントが簡略化されたりしています。
 やり込み用ということで、ハードモードも追加されています。

 「遊びやすさ」という面では大きな進化があるのは間違いありません。


 反面、ゲームの本質的な部分はまったく同じです。
 追加エピソードもダンジョンも、もちろん新キャラもいません。
「リメイク」というより「移植」という言葉がぴったりくる印象です。


 もともとアクションゲームに定評のある任天堂ですから、難度と見返りのバランスが絶妙で、微妙にイラっとさせつつ、それゆえに成功したときの嬉しさは、他では得難い物があります。
 シンプルでありながら、解いていて楽しいパズル的なしかけも、さすがゼルダといえます。

 そしてあの、「唯一無二」と言えるオリジナリティあふれるビジュアルが、さらに風のタクトを特徴的なタイトルにしています。
 あのビジュアルが楽しそうに見える人…エピックミッキーにワクワクしたり、アンティークなディズニーアニメに凄みとアートを感じるようなタイプの人には、アクションアドベンチャーとしての質の高さとあいまって、すばらしいゲームとなり得るでしょう。

風のタクトHD 公式紹介動画


風のタクトHD 公式 GC & WiiU 比較動画


 一方、すでにGCで遊んだ人にとっては、アーカイブ的な意味しか感じとれないかも…。
 10年前のゲームですから、懐かしみながらリプレイするのも十分ありでしょう。
 大のゼルダフリークであれば、内容がほぼ同じでも、細かい差を見比べるだけで楽しめるかもしれません。
 
 しかし、そういった明確な覚悟なしで、完全版や追加要素的なものを求めて買おうというのであれば、まったくオススメできません。

 もし僕の友達がタクトプレイ済みで、HD版の感想を聞かれたら「GC版をWiiでリプレイすれば十分じゃないかな」って答えます。



 個人的には風のタクトは素晴らしい名作だと思いますが、このHDはどういうポジションなのかなーと少々唸ってしまうのも確か。

 正直、バーチャルコンソール的なタイトルでしかないし、そういったタイトルをフルプライスで大々的に宣伝して売るのってどうなんだろう…と思ってしまいました。

 WiiUのゲームが日照ってるだけに、どんなタイトルでも投入した方がよい、完全新作を作っている余力が無い以上、あるものを使って、少しでもラインナップを充実させた方がよいにきまっている…そんな見方ができる一方で、ラインナップが貧弱で1本1本に注目が集まってしまうからこそ、出すタイトルのクオリティはしっかりすべきという見方もできるかもなぁと考えてしまいました。


 ちなみに、初週販売本数は3万本だったそうです。ま、妥当なところですよね…。5万売れるワケないと思ったもん…。
 もともと海外販促用アイテムなのかなぁー


 と、最後はネガティブになりましたが、純粋にゲームとしてみれば「風のタクト」はすばらしく楽しいです。まさに安心の任天堂クオリティ。
 アクションアドベンチャーが好きなら一見の価値はあると思いますよ。

ゼルダの伝説 風のタクト HD
任天堂 (2013-09-26)
売り上げランキング: 83

[ 2013/10/06 23:06 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(10)

3DS用にリメイクされた『ゼルダの伝説 時のオカリナ』が6/16に発売決定 

「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」を6月16日に発売 3DS起爆剤に

 これはやりたいなー。3Dでやったらスゲー楽しそう。

『時のオカリナ』は1998年にニンテンドー64で発売されたアクションアドベンチャー。非常に評価の高いゲームで、年寄りゲーマーの中では歴代神ゲーとしてランキングしている人も多いのではないのでしょうか。
 僕にとっても歴代TOP10の中には入ってくる1本です。
 なんていうか「解く楽しみ」と「物語」の両方を満喫できるゲーム。




 ただ、だからといって記事のような「起爆剤」になるかって言われると、良くわからないですねぇ。
 おっさん世代にはけっこうな破壊力があると思いますが、若い人には良くわからないでしょうし、「リメイク」ってのが多少のネガティブ要因にはなりますし…。
 そもそも日本では、ゼルダシリーズの売上げって任天堂タイトルとしては「それなり」な感じなんだよな…。海外ではすごいらしいけど。

 つか3DSのゼルダってSkywardと勘違いしてたわ。あれはWiiなのね…。
[ 2011/04/13 16:18 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(4)

任天堂が大攻勢! ゼルダの新作&FFシリーズをVCで配信【ニュース】 

●ゼルダの新作はDSで。「THE LEGEND OF ZERDA Spirit Tracks」
 ファミ通comの「岩田社長の基調講演で新情報が続々と」の中でゼルダ新作情報と画面を見ることができます。Wiiのリアルゼルダではなく、GCとDSのカートゥーンゼルダタイプ。DSの方は未プレイですが、GCの「風のタクト」は素晴らしく面白かったのでちょっと期待しています。

追記(17:20):トレーラーを追加しました。
zelda3.jpg



Wiiバーチャルコンソールに懐かしのアーケードタイトル続々
 家庭用のレゲーを扱っていたVCに業務用タイトルを投入するそうです。
 第一弾タイトルとして下の6作品の配信を開始しました。値段は全部800円。
イシターの復活(バンダイナムコゲームス)
エメラルディア(バンダイナムコゲームス)
ギャプラス(バンダイナムコゲームス)
ソルバルウ(バンダイナムコゲームス)
スペースハリアー(セガ) 800
スターフォース(テクモ)


さらにバンナムは以下のタイトルも週一でリリースしていくとのことです。
アサルト ギャラガ’88
コスモギャング・ザ・パズル コズモギャング・ザ・ビデオ
サイバースレッド スカイキッド
スターブレード スプラッターハウス
ゼビウス ドラゴンスピリット
ドラゴンセイバー ドラゴンバスター
ドルアーガの塔 ナックルヘッズ
ニューマンアスレチックス バーニングフォース
パックマニア ファイネストアワー
フェリオス ホッピングマッピー
マーベルランド マッピー
ローリングサンダー ワンダーモモ
源平討魔伝 妖怪道中記

 名作ぞろいで、おじさんゲーマー釣られ放題かも。


バーチャルコンソールに『FF』作品が登場!
 FFIからFFVまでがVCで5月より順次配信されていきます。僕は普段レトロゲーとかほとんど遊ばない人なんですが、FFはちょっと興味ありますね。さすがに今やると思い出壊れるのかなーって気がしないでもないですが。
 

地獄が舞台のゴシックアクション『ダンテズ・インフェルノ』
dante0324.jpg
 ダンテの「神曲」第一部「地獄篇」を元にしたアクションアドベンチャー。開発が「Dead Space」のEA Redwood Shoresということで期待が集まっています。360、PS3、PCのマルチリリース。リンク先にはトレーラーとSSが掲載されています。
[ 2009/03/26 17:29 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(4)