『Valheim』:探索は好きだが作業プレイは苦手…そんなアナタにおすすめの快適系MOD 

 ヴァイキング風世界観な無人島でサバイバル&冒険ライフを楽しむ、『Valheim』をプレイ中です。

 ゲーム内容的には、最近流行のよくある感じの普通のサバイバルゲームです。
 特段オリジナリティにあふれている部分とかはない。

 特徴を挙げると「敵が多い&強いので戦闘要素が多め」「次にすべきことが分かりやすく、サバゲによくある自由度が高いゆえの路頭に迷う感が少ない(なくはない)」といったところでしょうか。
 売上げ600万本突破など、景気のいい話が聞こえてきますが、システムうんぬんというよりは、ゲームにハマれるようにする導線(敵の強さや素材収集の手間などのゲームバランス含む)が美しいんじゃないかなぁと思います。


 ただ、僕のような「探索や建築は好きだけど、素材収集は作業すぎてダルいからヤダ」「素材が多すぎて整理整頓するのがめんどくさい」というタイプの人にとっては、やや必要素材数が多すぎ&収集作業が作業すぎ&持ち物欄が少なすぎと、ちょっぴり壁が高くなっているのも事実。

 昔は「これがこのゲーム本来の難しさなんだから、この難度でクリアすべきだよね!」とか思っていたのですが、最近は「デフォ難度にこだわってダルくなってヤメるぐらいなら、MODでもチートでも使って楽しく遊べるレベルに修正して遊び尽くした方がイイ」という考え方に転向したので、

 『Valheim』でもサクっと快適MODを導入してみました。

 以下、快適度アップのために導入したMODと、その効果です。
-----------------------------------------------------------------------
Valheim PLUS
多機能便利化MOD
・持ち物重量制限緩和
・スタック数増加
・金属を持っていてもポータルを使える
・木炭・溶鉱炉など製造施設の自動化
・建築物の角度や回転方向をより細かく変更可能
などなど、その他便利機能多数。

※『Craft Build Smelt Cook Fuel Pull From Containers
 自動化MODの定番。PLUS導入がだるい人はこちらを。

Smarter containers
・近くのコンテナにアイテムを自動収納する。

Equipment and Quick Slots
・スロット数増加(装備と食べ物の専用スロット追加)

Safe Death
・デスペナ廃止(アイテムドロップとスキル減少ともに)

Trash Items
・インベントリータブにゴミ箱を追加。
-----------------------------------------------------------------------

 これらを入れると、持てる重量とスタック数が増え、鉱石を持ったままポータル利用ができるようになるため、オフィシャル設定と比べると、素材集めがいっきに快適(ぬるく)なります。
 また、チェストを仮想的に「まとめて大きな一つの箱」のように使えるうえに、箱をいちいち空けなくても中のモノを使ってクラフトできるようになるので、クラフトの煩雑さが解消されます。
 MOD導入でプレイ感が大きく変わるので、デフォルト設定が苦手な方は是非お試しあれ。



 MODの導入法も解説しようかと思いましたが、その辺は先人のすばらしい記事があるので、「Valheim MOD 導入」で検索して探してください。

 基本的に、ValheimでMODを使うには、「BepInExPack Valheim」が必要なので、最初にそちらを導入。
 また、PLUSはVortexだと導入が面倒になるので、手動の方がらくです。
 MOD管理ツールの『Vortex』はバージョン管理がしやすい反面、ファイルの仮想化などを行っているので、挙動の仕組みをしらないと、ファイルの書き換え修正などでハマる可能性があるので要注意。





[ 2021/04/05 11:45 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

見た目はカワイイが中身はハードなクラフト&サバイバル。『Dont Starve Tgether』 

『Dont Starve Together』(以下ドンスタ)は、アメコミ調のカトゥーンCGで描かれた世界で繰り広げられる、マルチプレイ対応のクラフト&サバイバルゲーム。

 クラフト・サバイバル系のゲームは、大きく2タイプに分けることができます。

 一つは、自分の思うように本拠地を大きくしていく、自分好みの家や町を作っていくのが楽しい箱庭系ゲーム。
 「マインクラフト」「ドラクエビルダーズ」あとは「スターデューバレー」とか。
 「どうぶつの森」なんかもこのタイプですね。
 多分、最近はこっちが主流。

 もう一つは、生き残るのこと自体が難しく、過酷な環境をどう乗り越えていくかという「ゲーム的な挑戦」を楽しむタイプのゲーム。
 最近だと「Frostpunk」とか「The Forest」とか。
 あと町作り系ではありますが、「Banished」なんかもコンセプトはこの系統。

 で「ドンスタ」は、思いっきり後者。
 しかも、難度がけっこう高い。

・すぐにお腹が減って飢え死ぬくせに、食料の確保が大変。
・敵が強いけど、戦闘で減った体力を回復するのが大変。
・素材配置がランダムでかつ偏り上等なので、欲しい素材の確保も大変。
・ソロだと死んだら終わり。マルチでも蘇生が大変。
・初見殺しの敵やイベントがわりとあって、パニくって死んで大変。

 とまぁゲーム全体のバランスがわりとシビア。
 難度高めのゲームを、試行錯誤しながらクリアしていくのが好きな人にピッタリです。

 なお、サバイバルゲーには拠点作りを楽しむ要素を併せ持つタイトルもありますが(マイクラとかConanとか)、ドンスタには、その辺の要素はほとんどないです。
 「焚き火」とか「料理鍋」、さらには「柵」や「農場」といった設置型道具&施設はありますが、レイアウトや見た目にこだわるような感じはありません。

 ドンスタは、あくまでサバゲ-。
 それも何日生き残れたかで一喜一憂できる、チャレンジブルなハードゲームなのです。
 見た目がかわいいので「のんびりキャンプを楽しむ系ゲームかなー」なんて思って遊び始めると、思いっきりぶん殴られること間違いありません。




 あと、もうひとつ触れておかないといけないのが、このゲームの「不親切さ」。
 ゲームの遊び方とか、そういったものの説明がほとんどないです。

 Wikiとか見て、最低限の遊び方を調べないと、「何をすればいいか」はもちろん、そもそも「何ができるか?」も分からないレベル。

 ある程度慣れてゲームが進んでも、できることが多いのにそれらの説明がまるでないので、これまたWikiなど 「何ができるか? 生き残るために何をすればいいか?」などをいちいち調べる努力が必要です。

 ネットで検索して能動的に遊び方を調べることが好きじゃない人は、このゲームに手を出しちゃダメです。
 確実に速攻で投げて、金の無駄になるだけだからw。



 なお、こちらのゲームは、マルチプレイ対応の「Dont Starve Together」とは別に、シングル専用の「Dont Starve」という製品もあります。
 シングル用ということで、バランスがややマイルドになっている模様。
(というか、Togetherがマルチ前提なのでソロプレイだと難度が高くなるともいえる。togetherは難度設定の項目が多いので、いじりまくればヌルゲーにすることも可能…かも?)

 僕は人とマルチする「こと」もあったので、Togetherを買いましたが、ソロ専でプレイするのならシングル版を買った方がスムーズにプレイできるかもしれません。
 なお、マルチ版にはギフト用にもう1本ついてくるので、友達にプレゼントできます。

 マルチとシングルで別パッケージって、ワリと珍しい売り方ですね。
 買うときに混乱しがちなので、気をつけましょう。

 あ、あと、公式には日本語非対応。
 日本語MODはある。Steam Workshopでサブスクライブ可能です。

[ 2020/04/10 21:29 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)