今度の無双は「北斗の拳」! 無双シリーズの歴史と売上を調べてみた 

 かっては「団地妻の誘惑」「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか」などの名作エロゲーメーカーとして名を馳せ、気がつくと「信長の野望」「三國志」の2枚看板で歴史ゲームの大家となり、いつのまにやら「アンジェリーク」&「遙かなる~」で乙女ゲーのパイオニアともなった由緒正しきゲームメーカーのコーエー。

 他にも「大航海時代」とか「ウイニングポスト」とか、なんだかんだでいろんなシリーズがあるわけですが、やはり一番の看板といえば「無双」シリーズ。
 三国、戦国、ガンダムときた同シリーズに、次なる新シリーズが追加されることが発表されました。その名も…

 北斗無双

「北斗の拳」の無双のようです。2010年発売でPS3/360で発売。
 登場キャラクターはケンシロウ、ラオウの他にレイ、ユリア、マミヤ、リンなど。

 武論尊、原哲夫氏も登場した『北斗無双』発表会(ファミ通.com)

『北斗無双』のコンセプトについて“一撃当千の爽快感”と説明。これまでの『無双』シリーズと言えば“一騎当千の爽快感”というイメージだったが、今回は“一撃必殺”の技をくり出すケンシロウを再現するうえで上記のコンセプトを採用することになったという。

 世界観的には、ザコをボコりまくる無双アクションには向いてそう。
 僕は北斗の拳あんまり興味ないんでアレですが、いまだに根強い人気があるようなので、良い感じで注目を集めそうです。


[ 2009/10/14 19:42 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(7)

コーエー、ウイングポストの新作発表。PC版は1万円オーバー 

 競馬ゲームとしてダビスタと並び根強い人気を誇る「ウイニングポスト」に、大きくリニューアルされた新作が登場します。

『Winning Post』が大進化! 3つの職業で競馬ライフを満喫しよう(電撃オンライン)

『Winning Post World』と名づけられた本作はPC版が先行で2/20発売。PS3、PS2、Wiiが4/2に発売されます。
 今回は馬主、調教師、騎手の3職を同時に育成していくスタイル。ゲーム内容についてはリンク先の4gamer紹介記事をどうぞ。2年という期間限定でいどむ「シナリオモード」と、じっくり遊べる「ワールドモード」の2本だて。
 もともとシナリオ色の濃い競馬ゲーでしたが、本作ではその部分を「シナリオモード」でより強めているような印象です。

 気になったのはお値段。
 コンシューマー版はPS3が7560円、PS2とWiiが7140円。地味にPS3だけ高くなっているのがあれですが、まぁこれぐらいは問題無し。しかしPC版はなんと

 10290円

 3000円アップw高っww
 まぁコーエーのPCゲーってもともと1万コースなんで、それ自体は驚かないんですが、こうやってコンシューマーと同時発表で3000円差があると、PCゲーの辛い状況を思い知らされますねぇ…。出してくれるだけでもありがとうって感じかなぁ…。
 買うとしたらPC版なんですが、購入するかどうかはしばらく検討します。

[ 2009/01/24 11:11 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)