今年一番売れたのはマリオ? ドラクエ? 2010年上半期ゲームランキング 

 今週のファミ通にて、2010年上半期のゲーム市場レポートが掲載されていました。
 ざっと数字を紹介。より詳しい数字や分析はファミ通本誌をどうぞ。

【1位~10位】
1 NewスーパーマリオブラザーズWii Wii 140万1985
2 ドラゴンクエストVI DS 129万3916
3 ドラゴンクエストモンスターズJ2 DS 119万4584
4 トモダチコレクション DS 101万2437
5 キングダムハーツBbS PSP 72万8286

6 MGSピースウォーカー PSP 72万7823
7 Wii Fit PLUS Wii 69万5295
8 スーパーマリオギャラクシー2 Wii 61万3290
9 GOD EATER PSP 60万5316
10 龍が如く4 PS3 55万2531

 ミリオンはマリオとドラクエ、そしてトモコレ。トモコレのヒットはサプライズですねぇ。ガールズモードといい、任天堂はナニもないところからいきなりヒットを生むのがスゴい。
 あとは、キングダムとMGSPWのPSPコンビが頑張っているなーって印象です。あとゴッドイーターも。PSPはこういった感じの、王道的なゲームが売れる感じですね。


【11位~20位】
11 北斗無双 PS3 54万4807
12 ポケモンレンジャー光の軌跡 DS 47万5275
13 ポケットモンスターSS/HG DS 39万3862
14 ゼルダの伝説 大地の汽笛 DS 37万6054
15 Wii Sports Resort Wii 36万6833

16 マリオカートWii Wii 32万9570
17 モンスターハンターポータブル2G PSP 29万4446
18 バイオハザード5OE PS3 25万8961
19 ファイナルファンタジーXIII PS3 19万3179
20 イナズマイレブン2 驚異の侵略者 DS 18万6066

 20万本~50万本の、まずまずのヒット作が並ぶエリア。「有名シリーズの続編」がズラっとならびます。この辺に新規シリーズが入ってくるようになると活気がでてくるのかなー…。
 ちなみにマリオカートWiiは「2008年4月」発売。2年たっても30万以上売れるとかスゴすぎる。


【21位~40位】
21 エンド・オブ・エタニティ PS3 18万4662本
22 Newスーパーマリオブラザーズ DS 18万3104
23 プロ野球スピリッツ PSP 17万8489
24 喧嘩番長4 PSP 16万8966
25 太鼓の達人Wii ドドーンと2代目 Wii 16万7592

26 ロストプラネット2 PS3 16万2701
27 プロ野球スピリッツ2010 PS3 16万656
28 ガンダムアサルトザヴァイヴ PSP 15万7655
29 戦場のヴァルキュリア2 PSP 15万3388本
30 スターオーシャン4インターナショナル PS3 15万2297

31 ウイニングイレブン2010 蒼き侍の挑戦 PS3 14万1800
32 ドラゴンクエストIX アルティメットヒッツ DS 14万1671
33 バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ Wii 13万8610
34 世界樹の迷宮III DS 13万7663
35 ファンタシースターポータブル2 PSP 13万7510

36 スーパーストリートファイターIV PS3 13万2664
37 ニーア レプリカント PS3 12万7649
38 桃太郎電鉄2010 Wii 12万5910
39 ラブプラス+ DS 11万9187
40 ゼノブレイド Wii 10万9503

 10万以上タイトルです。
 EoE、ニーア、ゼノブレイドといった新作がランクイン。頑張ったと言えるかもしれませんが、20万超えて欲しいなーって気も。
 個人的に驚いたのは「喧嘩番長4」。人気あるんですね。


【ハード別ソフト売上げシェア】(09年上半期→10年上半期 ハード別売上げトップタイトル)
DS 41.4% → 34.9% ドラゴンクエストVI(129万)
PSP 17.9% → 23.4% キングダムハーツBbS(73万)
Wii 17.0% → 19.6% NewスーパーマリオブラザーズWii(140万)
PS3 7.2% → 17.0% 龍が如く4(55万)
PS2 11.8% → 1.9% プロ野球スピリッツ2010(6万)
360 4.4% → 3.1% モンスターハンターフロンティア(8万)
他 0.4% → 0.1%

 まさに携帯天国。
 開発費が安くて数は売れるんだから、そりゃ携帯にシフトするのが自然な流れってもんなんでしょう。3DSが出たらその流れがますます加速するのかもしれません。

 個別のシェアで見るとPSPとPS3の上昇が目立ちます。とくにPS3は10%近いアップ。
 龍4と北斗の50万コンビにくわえ、EoEやロスプラ2、SO4、ニーアといった10万を越える作品もいくつか並んでいて、全体的に底上げされている印象です。


【メーカー別売上げ(100位までのランクイン本数)】※カッコ内は1本あたりの平均。
任天堂 549万 15本(36.6万)
スクエニ 406万 11本(36.9万)
KONAMI 228万 19本(12万)
バンナム 179万 14本(12.8万)
カプコン 119万 8本(14.9万)

 意外と任天堂無双じゃないんですよね。1本あたりの平均にするとスクエニの方が多くなるし。まぁVIとJ2とIXの3本で250万本以上を売っているドラクエが無敵なワケですが。
 あとは、コナミが思った以上に頑張っている気が。個人的にはカプコンよりコナミの方に安定感を感じるなぁ。


【ハード売上げ台数】
DS 139万176
PSP 124万3802
Wii 93万4010
PS3 82万7906
360 10万3481
PS2 5万3216

 100万台にこそ届きませんでしたが、勢いがなくなったと言われていたWiiが90万を越え据え置きトップを確保。累計でも1043万台と大台を突破し、人気の高さを証明しています。

 PS3も昨年夏の値下げ以降順調に台数を伸ばしてついに500万台越えをはたして521万台に。一方で昨年あたりから元気の無い360は10万台増の130万台に留まっています。個人的には360がもうちょっと売れてもいいと思うんですけどねぇ。独占タイトルが海外モノ中心なんで、日本人的には「ハードを買ってまでやろう!」って思えないのかなぁ…。

 携帯機の累計はDSが3055万台、PSPが1643万台となっています。

[ 2010/07/17 21:38 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(17)