ゲーミングマウス「PAWN」はコスパ抜群。軽いマウス好きにオススメ! 

 日本のゲーマー向けマウス情報を一手に担っているといっても過言ではない4gamerニッチすぎて他ではスルーされているで、あたらしいゲーミングマウスをレビューしていました。

Ray PAWN:日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」第1弾マウスは期待以上の製品だ

 センサーに、現在の高性能ゲーミングマウスの主流である「PMW3360」を搭載。
 本体重量はわずか82g(公表値)。左右対称形状(サイドが右のみなので右手用)で、ワンピース型スイッチのシンプルなマウスです。
 価格は4980円。
 最新センサー搭載の90g以下マウスが5000円切っているというのは、かなりのコスパかと。

 モデルチェンジ前のシンプルだったSENSEI(SteelSereis)を彷彿させます。というか後継と言ってもいいレベル。
 なんでも、開発した人が、元SteelSeriesの方で、SENSEIのデザインを踏襲して作ったとのこと。

 本家のSENSEIが大幅モデルチェンジでイカついゲーマー仕様デザインとなったこともあり、旧型SENSEIを愛用しつつも、ベース性能をアップして欲しいと願っていたSENSEI難民たちの受け皿となる製品かと。
 「左右対称形状の軽量マウス」を探しているなら、ぜひチェックして欲しい製品です。

 6月末発売予定で、4gamerのインタビュー記事によると、ビックとヨドバシ、あとアキバのアークで販売するそうです。



 製品とは直接関係ないんですけど、インタビューでのメーカーの姿勢的なものにも好感を覚えました。
 僕は、モノを買うときは基本的に「モノ自体のクオリティ」を優先するタイプでして、嫌いなメーカーでも、モノが良ければ買います。

 とはいえ、「同じようなモノが2つ」あれば、好きなメーカーとか応援したいメーカーのものを選びます。
 ゲームやeスポーツへの情熱を感じさせる「Ray」というゲーミングデバイスブランドが成長して、ゲーミングデバイスのより良い商品が出てくる未来に期待したいなぁと思っています。


●おまけ:左右対称軽量マウスの競合品(リンクはAMAZONの商品ページ)。
[ 2018/06/28 09:27 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

最高峰の高性能センサー搭載。ロジクール『プロゲーミングマウス』を買ってみた 

 ゲーミングマウスを買いました。
 ロジクールの「PRO GAMING MOUSE」、型番G-PPD-001です。

 今のところ、SENSEI[RAW]とKone PureとDEATHADDERの3台体制ですでに持てあまし気味だったのですが、「小型・左右対称・高スペック」という謳い文句に我慢ができずに、衝動的に購入してました。
 ビックポイントが余っててよかった。

 重量はわずか83gと、ゲーミングマウスの中では最軽量クラス。
 高性能センサー「PMW3366」を採用し、安定した追従性を実現。
 低いLoD、非常に速いクリック反応速度で使いやすさもトップクラス。
 それでいて実売価格は5000円ほどと圧倒的なコストパフォーマンス。

 スペックを見ている限り、非の打ち所がありませんw

 実際に使った感じも、かなりよかったです。
 ぼくはそれほどハイスペックなゲーマーではないので、FPSでマウスのスペック違いを感じ取れはしないのですが、それでも小型軽量による「動かしやすさ」はすぐ分かるほど。
 僕が使っているSENSEIもKoneも小型タイプなのですが、その2つと比べてもかなりの軽快さを発揮しています。

 また、なによりも素晴らしいのが「ボタンを押した時の気持ちよさ」。
 説明が難しいんですけど、押してから「カチッ」って押しきるまでの感覚がすさまじく速いんです。
 それでいて抵抗はしっかりあるので、ちょっと押したらすぐ誤爆! みたいなデメリットも”あまり”ない。
(他のマウスと比べると、左クリックしようとしたら、力が入って右もクリックしちゃった…みたいのがたまに発生します)

 連打がしやすいっていうんですかね。タップ撃ちするときに、普通のマウスで10回押す間に、プロゲーミングは11回押せるみたいな。


 いっぽうで、プロゲーミングには大きな欠点が1つあります。それは

「サイドが山なり状でフィット感が悪く、つまんで持つと力を入れにくい」

 ということ。
 ぱっと持った感じがそもそも不安定なんですが、実際に使ってみると「力を入れないとずれやすい。力を入れても持ちやすくはない」と、いいところがありません。

 店頭で試した時点でかなりよろしくなく、正直買うのを躊躇うレベルだったのですが、スペックの高さに目をつむることにしました。

 とはいえ、持ちにくいのはなんとかせねば…ということで、とりあえずサイドにすべり止めのテープを貼っています。
 これがかなり効果的で、持ちにくさはかなり改善されました。
 まぁ「改善」であって、ベストフィットにはほど遠いですが…



 トータルで見ると、「持ちにくさは気になるモノの、それを上回る軽快さとボタンを押した時の気持ちよさのため、ついついファーストチョイスにしてしまうマウス」といったところです。

 我が家では、今までのメインマウスだったSENSEI[RAW]から、その座を奪い取りつつあります。
 プロゲーミングのボタンに慣れちゃうと、SENSEIのボタンが「もっさり」に感じちゃって満足できない…。

 「持ちにくさ」がかなり気になるため、誰にでもオススメ!って感じではないですが、性能と軽さ、そしてボタンの押しやすさといった唯一無二の長所が大きな魅力なのも確か。
 軽量のゲーミングマウスを探しているなら、有力な選択肢だと思います。

Logicool
PRO ゲーミングマウス
(AMAZON)




【おまけ】手持ちのマウスのセンサーテストしてみた。

[ 2018/01/27 14:07 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

ゲーミングマウスが欲しくなったので、店頭でいろいろ触ってみた&感想まとめ 

 最近、新しいマウスが欲しくなったので、店頭に触りに行ってきました。

 僕のマウスの選択ポイントは以下の通り。
-----------------------------------------------------------
・「つかみ持ち」で持ちやすいこと。
・軽さ重視。80g台希望。
・サイドボタンが適度に押しやすいこと。
・FPSはあまりやらないのでスペックはそれなりでも可。でも高ければ嬉しい。
・違うメーカーのマウスを複数接続するので、専用の常駐ソフトは重視しない。
-----------------------------------------------------------

では、以下、触った感じのファーストインプレッションを。


1:Steelseries RIVAL 110
-----------------------------------------------------------
 重さ87.5g。サブボタンは左側面に2個。
 ほぼ左右対称だが、サブボタンは左側面にしかない。
 メインボタンは本体と別れているセパレート型。
 DPIは200~7200で100刻みで設定可。

 持った感じはかなりいいです。軽いし握りやすい。グリップ感もしっかりしてます。
 サイドボタンはもう少し大きい方が好みですが、最近のマウスが軒並み「多少押しにくくても誤爆するよりはマシ」という思想なのか、細くて押しにくいもの主流なので、まぁ仕方ないかと…。

SteelSeries
Rival 110
(AMAZON)




2:Steelseries SENSEI 310
-----------------------------------------------------------
 重さ92.1g。サブボタンは左右側面に2個ずつ。
 左右対称。
 メインボタンは本体と別れているセパレート型。
 DPIは100~12000で100刻みで設定可。
 
 ちょっと重そうでしたが、今のメインがSENSEI:RAWなので、後継のこれもチェック。
 90g超えということもあり、持ってみるとRIVALとの重さの違いが実感できました。
 かわりに、RIVAL110よりサイドボタンが大きめで押しやすい。

 Rival110と比べると、基礎スペックがやや高めなでサイドが押しやすい反面、5g以上重い。
 スペックは110でも十分なので、サイドボタンの押しやすさと、重さ&2500円の価格差をトレードオフできるかどうか…ってところではないでしょうか。

 個人的には、デザインがちょっとゴテゴテしてて野暮ったいのが気になるんですよねぇ…。
 Senseiがシンプルで美しかったから、その差に戸惑うわー。

SteelSeries
Sensei 310 Black
(AMAZON)




3:Zowie FK2
-----------------------------------------------------------
 重さ85g。サブボタンは左右側面に2個ずつ
 左右対称。
 メインボタンは本体と一体のワンピース型。
 DPIは400/800/1600/3200。背面のボタンで切り替えなので、変更にやや手間取る。

 FK2は小さくて軽くていい感じ。RIVALより軽さを体感できたかも。
 握ったときのフィーリングもすっと手になじみました。

 SENSEI使いであった僕としては、Steelseriesの後継機がそろってセパレートボタンになった中、数少ないワンピース型マウスというのも見逃せないポイント。
 サイドボタンも、そこそこのサイズがあって押しやすかったです。

 ちなみにFK1だとちょっと大きかったです。
 サイズ違いが用意されているってすばらしい。

BenQ ゲーミングマウス Zowie FK2 中サイズ
(AMAZON)




4:Logicool G302 MOBA
-----------------------------------------------------------
 重さ86g。サブボタンは左側面に2個
 ほぼ左右対称だが、サブボタンは左側面にしかない。
 メインボタンはセパレート型。
 DPIは240~4000で80刻み。

 小型で持ちやすく、かつボタンを押した感じが気持ちよいです。
 サイドボタンが細くて小さいのがマイナスポイント。

 サイドボタンが押しにくいという欠点はあるものの値段が安い!
 Amazon最安で3500円ほどとコスパ良好です。
 4gamerのレビューなどを見ると、FPS用途だとセンサーに難アリとありましたが、コアユースでなければ問題ないレベルじゃないかなぁと。

LOGICOOL
MOBA ゲーミングマウス G302
(AMAZON)




5:Logicool PROゲーミングマウス
-----------------------------------------------------------
 重さ83g。サブボタンは左側面に2個
 ほぼ左右対称だが、サブボタンは左側面にしかない。
 メインボタンはセパレート型。
 DPIは200~12000DPIで100刻み。

 小さくて軽いのですが、本体側面が盛り上がっているせいで、非常に握りにくいというか、ホールドするのに力がかかる。軽く持っていると滑り落ちそう。
 そのせいで指を動かしにくく、もともと細めのサイドボタンがさらに押しにくい。

 スペックは魅力的だけど、つかみ持ちだと辛いかなぁ…。

Logicool
PRO ゲーミングマウス
(AMAZON)




この5つの中では、製品の質やフィット具合でいうとFK2。なんですが、9000円はちょっと高い…。
最新のセンサー搭載とか機能が豊富とか付加価値があれば別ですけど、ZOWIEのマウスはその辺はスルーですからね。
となると、コスパに優れるRival110が浮上。もうちょっとサイドボタンが大きいと嬉しいんだけどなぁ…。





●おまけ:マウスのメインボタンの話。
 マウスのメインボタンは、本体と一体型の「ワンピース型」と、本体とボタンが分かれている「セパレート型」があります。
 ワンピース型は、手前でもボタンが押せるため指配置の自由度が高く、使う人にとってベストのポジションを調整しやすい。
 セパレート型は、連射やタップ撃ちがしやすく、クリック感にムラがないという特徴があるそうです。

 最近のゲーミングマウスだと、セパレートが増えてきている印象でしょうか。
 フィット感とクリック性能、どちらも重要なので悩むところですね…。

[ 2017/12/27 02:48 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)