『デモンズソウル』をプレイ中。「死んだら最初からやりなおし」は「難しい」のか「ダルい」のか 

 『デモンズソウル』をプレイしてます。
 といっても、まだ最初のステージをクリアしただけですが。

 僕がデモンズ始めたのは、同じ系列の作品となる『ダークソウル3』がおもしろかったからなんですが、いざ遊んでみると、けっこうな違いがあることに気がつきました。

 デモンズの方が理不尽なデストラップが多いとか、回復し放題で難敵を突破しやすいとか、細かい違いはいろいろあるのですが、一番大きかったのは「チェックポイントの有無」。

 ダークソウル3は「篝火」というチェックポイントが、ステージの節目節目に用意されています。
 難度が高い敵を倒した後とか、複雑な仕掛けをクリアした後に「篝火」があって、その先で死んでも篝火から再開できるので、手間がかかった場所をリプレイしなくて済むって寸法です。

 最近のゲームでは至極あたりまえのシステムなんですが、なんと『デモンズソウル』には、チェックポイントがない。

 死んだら、ステージの最初からやりなおしです。

 仕掛け系は解いたままですが、敵は全復活します。
 強い敵も倒し直しです。
 辛み。

 デモンズのステージは、けっして短くないので、後半で死ぬと、けっこうな長さがあるクリア部分を、もう一度やりなおすハメに陥ります。

 デモンズはよく死ぬというか「死にながら探索していくゲーム」と言っても過言ではないほどなので、結果として「新しい場所を探索・攻略する時間」よりも、「クリア済みの場所を再び突破する時間」の方が長くなってしまいます。

 僕は、クリアしたところをもう一度プレイすることに、まったく価値観を見いだせないタイプなんで、デモンズの仕様はかなりキツい。


 「難しさを突破してクリアすることに達成感がある」というのは分かりんです。
 だから、難しすぎて「なんだこのクソゲー! 死ね!!」と叫びたくなるような要素が用意されているのも、ゲームデザインとしては正しいのでしょう。

 ただ、「超えるべきハードルとしての難しさ」と「同じところをなんどもクリアする煩雑さ」は別じゃないかなぁ…と。

 たしかに、死んだ場所の直前から手軽に再開できると、デスペナが緩すぎて緊張感がなくなる…というのはあるかもしれません。
 ですから、多少のリプレイは仕方ないかなぁ…と思うんです。

 だとしてもデモンズのリプレイ強要は長すぎ。
 正直ダルいです



 ただ、世間のデモンズへの批評・評価を見ていると、「リプレイ区間の長さ」を気にしない人もけっこういるみたいなんですよね。
 「ステージを最初からプレイして最後までやられずにクリアしきる」というハードルもアリ! ってことなんでしょう。

 また、「超強力なボスキャラを撃破」と「適度に難しい難所をいくつもまとめて踏破」の「達成感」が同じようなものの場合、前者と比べて後者の方が「下手な人でも頑張ればクリアしやすい」と言えるので、幅広いユーザーをターゲットにできるというメリットがあるのかもしれません。


 最近だと、『Getting Over It』なんかも、リプレイ上等の高難度ゲーだけど、かなりの人気を集めてました。
 もしかしたら、こういったスタイルのゲームが好きな人の方が多くて、僕みたいなタイプの方が少数派なのかも。

 「デスペナの厳しさ」をどこまで許容するか…ってことなのかなぁ。

[ 2019/12/12 15:05 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

ゾンビを轢き殺すドライブバカゲー『Zombie Driver HD』が無料配信中。急げ 

 Steamで『Zombie Driver HD』という、定価1280円のゲームが、12/7未明まで無料で配信されています。

 見下ろし2Dマップ上にワラワラと沸いているゾンビの群れを、タクシーやリムジンなど、さまざまなタイプの車に乗って

 轢き殺しまくってアツくなる気分爽快バカゲー。

 オールドゲーマーであれば『GTA2』をゾンビゲーにした感じ…を想像すると、分かりやすいかもしれません。

 つまらなくはないです。
 ゾンビゲー的バカくせー世界観はしっかりできあがっているし、ビジュアルやUIもちゃんと作り込まれているして、知名度低めの1300円タイトルとして考えれば、なかなかの良ゲー。
 ただ、個人的にぶっちゃけると、「買うほどおもしろいか?」と言えばちょっと微妙かも。

 このゲームの基本コンセプトは「ゾンビを轢いて俺ツエーを楽しむ爽快感」だと思うのですが、「俺ツエーゲー」って「アクションゲームとしての難しさ」と両立させるのが難しい。
 簡単すぎると単調ですぐ飽きるし、難しすぎると爽快感がそがれる。

 で、『ZOMBIE DRIVER』では、アクションゲーム的ハードルとして「見下ろし型マップで車を自由自在に動かす難しさ」を用意しています。
 真上から見ている状態で、車を自在に運転するのってワリと難しい。

 ところが、この仕組みが「爽快感」を削いでしまっているんです。

 結果、爽快ゲーとしてもアクションゲーとしても突き抜けることができず、「悪くない良ゲー」に落ち着いている…印象です。

 車を自在に運転できるようになるまで上手くなれれば、爽快感だけが残りそうな気もするのですが、そこまで遊び続けるモチベは沸きませんでした。

 基本的にはしっかりできたゲームだと思うので、雰囲気が好きだったり、車運転ゲーが大好きだと、足りない部分を補えるので神ゲー昇格できるとは思います。
 残念ながら僕はどちらも当てはまりませんでしたが…。


 とはいえ、無料でもらえるゲームとしては十分なクオリティ。
 ハマって遊ぶほどではなくても、ちょっとしたヒマつぶしにはもってこいだと思います。
 無料配信はすぐ終わってしまうので、急いで確保しておくことをおすすめします!

felix2zのゾンビ轢き殺しゲーをwww.twitch.tvから視聴する

[ 2019/12/06 02:37 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

PS PLUSに再加入。キープしてたフリプタイトルの充実っぷりに驚いた 

 ブラックフライデーセールで、PSPLUSの1年モノが25%引きだったので購入しました。

 PS4でネットプレイはほとんどしないんで値上げ以降は入ってなかったんですが、たまりにたまったフリープレイタイトルのことを考えると、年4000円弱ぐらいなら払ってもいいかなと。

 で、手続き完了して、ダウンロード可能タイトルをチェックしてみたんですが…

 スゲー数だな、オイ!w

 いやー、久々に確認したら、未プレイかつ遊んでみたいゲームが大量にありました。
 昔は「PSPLUS入って、フリプタイトルはとりあえず押さえておく」みたいなことしていたんで、「あれ? こんなタイトルあったっけ?w」みたいのが出てくる出てくる。

 昔のフリプって超豪勢だったんだな!

 今のフリプの貧相さが悲しくなってくるわ…。
 もうちょっと、目玉タイトルを増やしてくれませんかねぇ…。
 アンチャパックとかどうですかね! ブラボ再配信でもいいよ(取り損ねてた)!



 というわけで、しまっていたPS3を引っ張り出してきて以下のゲームをダウンロード&インストしました。

・テイルズオブシンフォニア:レゾナントパック
・ZONE OF THE ENDERS HD EDITION
・NiGHTS
・VAMPIRE RESURRECTION
・スペースチャンネル5 パート2
・STIENS;GATE 線形拘束のフェノグラム
・閃の軌跡
・ワンダと巨像
・【ゲームアーカイブス】カルドセプト

 ZOEはANUBISだけかと思ってたら、まさかの初代入りで驚いた。

 あとカルドセプト楽しい。
 アーカイブってネットプレイできるんだっけ?
[ 2019/12/03 19:53 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

Steamで『ダークソウル2』を買おうとしたら、おまバザ&おま値で海外より5000円も高かった件 

 Steamでオータムセールが始まりました。

 ダクソ3がおもしろかったので、前からオータムセールで「ダークソウル2」を買おうかなーと思ってたんです。

 ところが、去年のセールでは安く売っていたのですが、今年はダークソウル2はおろか、ダクソシリーズは全部セール対象外。
 「あー、今年はセールしないのかぁ」と思ってあきらめることに(定価で買う気は無いもよう)。

 ただ、Steamのトップを見ていると「おすすめフランチャイズ」に「ダークソウルシリーズ」の文字が。
 さらによく見ると「最大0%オフ」という、ただの煽りとしか思えない注意書きが…

 もしや? と思い、海外版Steamでダクソの値段を調べてみると…

 全部セール中でした!

 ちなみに海外でのセール価格は…
 ダクソ2が10ドル。     (日本人通常価格5720円)
 初代リマスターが30ドル。 (日本人通常価格4730円)
 ダクソ3は15ドル。     (日本人通常価格4620円)

 おま値格差がスゲーな!!!

 まぁバンナムといえば「おま国&おま値」の総本山なわけで、普段は正直気にしないというか、そもそもバンナムのゲームはできるだけ購入希望対象から意識的に外しているので、今まで被害は少なかったのですが、いざ欲しいと思ったゲームが「おま値」対象だとやっぱりイラっとしますねw

 ついでだったので、バンナムの他のゲームのおま値もチェックしてみました。
(海外価格はドル小数点以下適当削除価格に0.9掛けて算出。2019年11月27日時価格。実際の購入だと為替レートがもう少し悪くなるので価格差は縮まると思います))


タイトル海外価格国内価格価格差
コードヴェイン504063141274
ソウルキャリバー618002508708
テッケン713501320-30
スパロボV585083602510
MAN OF MEADEN21602112-48
ゴッドイーター3288045101630
エースコンバット7288041801300
テイルズオブヴェスペリア27003135435
塊魂リロール10801760680
SAO ロストソング7201232512
二の国224302992562
ダークソウルRe270047302030
ダークソウル2 SotFS90057204820
ダークソウル3135046203270
ドラえもん牧場物語おま国
ドラゴンボール系おま国
ワンピース系おま国
ナルト系おま国
テイルズオブゼステリアおま国


 新作だと2000円ぐらいの価格差で、古い作品でも500円ぐらいは日本の方が高い感じでしょうか。

 しかし、基本販売価格よりセールの有無の方が圧倒的に影響がでかいw
 まさか一番内外格差の酷いタイトルが、僕の欲しかった『ダークソウル2』になるとは、なんという不幸中の不幸。
 価格差5000円は酷いでしょw
 いっそVPN使って強引に買ったろうかと思ったけど、めんどくさいからヤメました。

 ジャンプとかドラえもん系のタイトルが「おま国」になっているのは、版権処理がめんどくさいからですかねぇ…。
 海外では版権問題をクリアして売れてしまう理由はわかりませんが。

 ゼステリアがおま国なのは…なんでだろ?w たぶんビジネス判断なんでしょうね。



 しかし、500円程度のおま値は、まぁ別にいいかというか、たいした影響ないと思うんですよ。
 1000円が1500円でも、欲しい人は買うと思うし、多少購入者が減っても、単価が高い分、総売り上げで見たら損はしてないのかな…と。

 ただ、新作のおま値というか「日本だけ定価が2000円ぐらい高い問題」は、どうなんですかね?

 正直、僕は6000円以上するゲームはもう買ってないです。
 RDR2やボーダーランズ3の「ぎりぎり6000円」ぐらいが購入限界ラインw
 その値段以上払うと、他に欲しいゲームを2~3本買えちゃうんだもんw

 よっぽど欲しければ8000円とかでも買うかもしれないけど、ライバルが多すぎて、現実問題としてはかなり難しいでしょうね…。
 最近だとめちゃくちゃやりたかったRDR2ですら「価格6000円」「他に積みゲーがいっぱい」の2重ブロックによって、購入見送り中ですから。

 バンナムだと、最近のタイトルでは『コードヴェイン』とか『スパロボV』は欲しかったけど、ベース価格が高すぎて、ウィッシュリストに突っ込んで放置しているのが現状です。


 「おま国」「おま値」問題は、日本語対応コストとか、版権問題とか、声優音声権利問題とか、CSと小売りとパッケ版との兼ね合いとか、いろいろややこしい問題が絡みまくっているのでしょうから、一概に「悪い」とは言えないのかなぁ…とは思います。
 メーカーも理由もなく悪者になろうとはいないでしょうから(しないよね?)、なにかしら合理的な理由があるのでしょう。

 とはいえ、そういった部分を飛び越えて「日本だけ高い」とか「日本でだけ売ってくれない」って、やっぱり印象がよくない。
 なので、僕の中では、バンナムとかセガは、イメージがすごく悪いですw

 ゲームを買うか買わないかでの一番の判断基準は「ゲームの中身」なので、企業イメージが腐っててもいいゲーム出してくれれば買います。

 とはいっても、メーカーのイメージが悪いと、完全新作だとクオリティに不安が残るとか、定価が高いと完全版商法しそう…なんて不安がでてきて、購入やめたり様子見したり…ってケースが増えてくるのは間違いないところ。
 あと、同時期にライバル商品があると「あっちメーカーの方が好きだらかあっち買おう」なんてケースもあり得ますよね。

 とにかく、嫌われメーカーのタイトルは、購入のハードルが爆上がりするんです。

 最初は、おま国おま値にも理解すべきところがあるのかなぁ…なんて考えながらこのエントリを書き始めたんですけど、やっぱり「あっちでは安いけど、あなたには高く売りますね」を納得して受け入れるのは難しい模様。

 なんか、今度は、和ゲーというかおま国おま値している、国内某3(4?)大メーカーのゲームは遊ばなくなりそうだなぁ…。
 ていうか、すでにほとんど買ってないんですけど。

 時代の流れで仕方ないこととはいえ、ファミコンスーファミのスクエニコーエーで育ってきた世代としては、なかなか感慨深いものがありますね。



【参考リンク】
・音声の権利が日本は高い(Game Spark)
なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る
 ダークソウル系は関係ないよなぁ…
[ 2019/11/27 21:39 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)