「ケレセスなんてインチキカードは使わないぞ!」→強すぎなので変節しました 

 今月のハースストーンですが、ランク4と5のあたりをフラフラしてます。
 新環境のカードを試している分をさっぴいても、先月より勝ててない気がします。
 適応力が低いんですかねぇ…orz


 で、一時期ズーロックを使っていました。ハッピーグールと回復ミニオンとケレセスが入ったあれです。
 ちょっと前までは、「ケレセスとか、運ゲー促進の超絶クソカードだよ!!!」と信じ、配信ではケレセスに毒を吐きまくりつつ、「ケレセスを使ったら死ぬ呪い」をセルフキャストして、使用を断固拒否しておりました。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ごめんなさい、僕も使うことにしました。

 だってあれ強すぎだよ!

 僕も頑張って他の可能性を探ったんですよ。
 2マナのホムンクルスとか悪魔の火を入れて安定性重視に活路を見いだそうとしたり、いっそ奇数ウォロにしてヒロパ使いまくってみたり。

 でもね、やっぱりアグロデッキで、デッキのミニオン全部+1/+1とか、どう考えても強い。
 そもそも、超強いから「引いただけで勝率が激変するクソOPカード」だったワケで…。
 逆らうのは無理がありすぎました。

 自分だけ縛りプレイで勝率下がると余計ムカつくので、「ケレセスはクソ」と思いつつ、自分もマリガンでケレセス引くのを祈りながらプレイすることにしました。
 2ターン目ケレセス、最高に気持ちイイです。

 まぁ、使ってはいるものの、個人的には、あまりにも効果がインチキというか、相手が初手でケレセス出してきたときの萎え感がハンパないのは間違いないので、思いっきりナーフされるか、とっととスタン落ちして欲しいという思いは変わってないです。




 ズーロックは比較的少ない魔素で作れるわりに、かなり強いデッキなので、資産の少ない無課金/微課金プレーヤーにもピッタリ。

 ズーロックに入っている2枚のレジェンド、「魂箱」「ケレセス」はともに強力なので、可能な限り両方いれたいところですが、魔素的に厳しければ「ケレセス」を優先することをオススメします。

ZOO WARROCK(ズーロックのデータページ)

 なお、ズーロックさんは強いデッキではあるのですが、暴れすぎたせいで最近は包囲網が厳しい模様。
 天敵の奇数ローグあたりが蔓延っていて勝率ダダ下がりのときは、奇数ローグに強いスペルハンターなどの、他のデッキに逃げるのも一考かと思われます。

[ 2018/08/16 02:38 ] ハースストーン | TB(0) | CM(0)

エイム力が低くても撃ち合いが楽しめるFPS/TPSはありませんか? 

  『CoD Bo4』のオープンβを遊んでみました。
 サクサクっと遊べて、なかなか楽しかったです。

 最近のFPSって、撃ち合い以外で覚えなきゃいけないこと(マップ構造やオブジェクト配置、クラスのスペックなどなど)が多かったので、動いて撃つだけで楽しめるってのが素晴らしい。

 ただ、やってる人が、みんな僕より圧倒的に上手いw。
 僕みたいな「対戦FPS初心者」は、経験者の餌でしかなく、1キル10デス状態になっちゃうんですわ…。

 経験者が初心者より上手なのは至極公平で当然のことなので、文句を言う気はさらさらないんです。
 ただ、そうは言っても餌にされるのは楽しくないので、「続けよう」って気にもならないんですよね…。

 そう考えると、FPSって「エイム力」が非常に重要な要素で、かつエイム力はタイトル横断的に維持されるスキルだから、新規タイトルが発売されてもプレーヤーの「経験値」がリセットされにくい。
 時間がたてばたつほど、経験者と初心者の差が広がりやすいせいで、初心者参入の壁ができやすい印象。

 最近初心者受けしたシューターというと『スプラトゥーン』や『PUBG』が思い浮かびますが、スプラは撃ち合い以外の役割を増やすことで、PUBGは撃ち合いのシーンを減らすことで、「プレーヤー間のエイム力の差問題」を緩和していたのかなぁ…と思います。


 で、以下本題なんですけど、「エイム力が低くても、既存プレーヤーの養分にならずに楽しめるFPS」って何かありますかね?

 キルレ1オーバーとは言わないので、0.8ぐらいで頑張れるヤツw

 PUBGは強者しか残ってないのでエイム力がないと人権無いし、スプラはSwitch持ってないから無理。

 『オーバーウォッチ』はエイム力が低くても遊べる分、初心者でも入りやすいかなーと思うんですけど(別の意味で覚える事は多いけど)、いかんせん、あのゲーム「撃ち合い」って感じじゃないんですよねぇ。

 たぶん、「初心者でも撃ち合いが楽しめるFPS」って、作るのクソ難しいと思うんですけど、考えられるのは
・初心者比率が圧倒的に高い
・レートによるマッチングが超高性能
・ランダム要素が高い

 こんなとこでしょうか。
 初心者だらけの運ゲーFPSとか、いろいろスゴそうな気はするけどw

 まぁ、要はFPS/TPSの『マリオカート』的タイトルを教えて欲しいってことですw
 よろしくお願いします。<(_ _)>




[ 2018/08/13 18:45 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

【ハースストーン】新レジェンド「ワンダフル・ウィズバン」を使って勝つのは難しい… 

 ハースストーンの新拡張「博士のメカメカ大作戦」がリリースされました。

 ちなみに、メカメカ大作戦の海外名は「THE BOOMSDAY PROJECT」。
 英語だと厨二臭すら漂うクールな名前なのに、日本語の昭和くささすら漂うオバカ感は、なかなかのセンスを感じずにはいられません。
 ハストンの日本語訳班はほんと優秀だな!


 さて、新拡張を80パックほど剥いたところ、「資産の少ない初心者でも、さまざまなデッキが楽しめる!」と注目を集めていたレジェンドカード

 ワンダフル・ウィズバン

 を引き当てました。
 こちらのカードは、デッキに入れておくと、あらかじめ用意された9クラス各2デッキの全18デッキの中から、ランダムに選ばれたデッキでプレイできるというもの。

 当然、自分が持っていないカードでも使い放題で、「レジェとか数枚しかもってねーよ!」という初心者に大変優しい作りとなっております。


 と、思っていた時期が僕にもありました。

 ぜんぜん、初心者に優しくないですw

 いや、カード資産がない人への救済カードとしては素晴らしいと思いますが、ランダムな18デッキとか渡されても、中身が分からないまま戦うことになるので、まるで使いこなせませんw

 さらに、そもそも用意されたデッキがそんなに強くないです。
 「弱い」というほどではありませんが、研究されて進化するメタデッキと比べると、戦闘力で大幅に劣るかと…。

 「負けてもいいから、いろいろなカードを使ってみたい」という人にはもってこいですが、ランクなどで「勝ち負けしながら練習したい」という使い方にはあまり向いてないかと…。


 と、いうわけで、魔素でウィズバン作ろうかなーと思っている人は、よく考えてから作ることをおすすめしますw
[ 2018/08/08 23:06 ] ハースストーン | TB(0) | CM(0)

ゲームなどのライブ配信でオススメの、マイクとサウンドデバイスを紹介してみる 

 ツイッチでゲーム配信をしているのですが、始めた時に困ったのが「マイク」。

 マイク自体は、対戦ゲームやスカイプ・ディスコード用に持っていたのですが、1000円ぐらいの安いヘッドセット型で、音が篭もっているし、ノイズものりやすいしで、クオリティがよろしくない。

 仲間内であれば問題ないのでしょうが、見ず知らずの人に聞いて貰うことを考えると、音質が悪いのは避けたいと思い、マイクを変えることにしました。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PCV80U ECM-PCV80U

KC グースネック 卓上マイクスタンド 固定型 ブラック MDS-4/BK



 配信者のブログや、アマゾンレビューで評判がよかった、こちらのソニーのマイクとマイクアームを購入。

 マイクは、通常のマイク端子を持ちつつUSBアダプタも付属しているので、既存のオーディオデバイスのマイク入力に差して使うことも、USBデバイスとして使用することもできるスグレ物です。

 で、実際に使って見たところ、確かに音はよいのですが、困ったことに、かなり口を近づけないと音量が小さい。
 一応、マイクスタンドが付属しているのですが、小さいせいで口元までマイクが届きません。

 Windowsやサウンドデバイス側の設定をいろいろと弄ってみたのですがなんともならず。どうやら基本性能の部分で、口を近づけないとちゃんと音を拾ってくれない印象です。

 というわけで、上記のマイクアームを追加で購入しました。
 このアームは、アーム部分が自由に変形するタイプ。
 普通のアームよりもマイクの高さやアームの位置がフレキシブルなので、狭い場所などで使う場合はかなりおすすめ。

 見た目よりも重くてガッチリしているので、フラフラしたりはしません。
 その分、机などに設置する場合は、かなりキッチリ固定しないと危ないので要注意。

 この2つはなかなかオススメです。



 で、もう一つ、マイクを使う時にオススメしたいのが、クリエイティブメディアのポータブルUSB-DAC「Creative Sound Blaster E5」。
 こちらのマイク端子を利用することで、ノイズを大幅に減らせるリダクションが使えるようになるほか、マイクブースト、ボリュームレベル一定化、イコライザといった機能が使えるようになります。

 Windowsのデフォルトマイク機能よりも遙かに高性能。
 USB-DACとしてもなかなかのモノなので、マイクとあわせてサウンドデバイスも欲しい人にはオススメです。

 注意点としては、こちらの商品はリチウムバッテリ内蔵型で、そのバッテリが膨らみやすいこと。
 僕は購入したものと修理交換品、ともに1年程度で膨らんでしまい、ケースが変形しました。

 正直かんべんして欲しいところですが、この値段で1年もって、機能的な故障ではないことも考えると、まぁ許容範囲かな…とw


 なお、E5からBluetooth接続などのポータブル向け要素を省いて値段を下げた「G5」という商品も出ています。
 僕はG5に触れたことがないので断言はできませんが、似たような商品なので、こちらでも同じようなことができるかもしれません。

Creative Sound Blaster E5 ハイレゾ対応 iPhone/iPad対応 USB DAC ポータブル ヘッドホンアンプ Bluetooth付き SB-E-5
[ 2018/07/31 22:32 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)