ソニーとマイクロソフトがゲーム事業で戦略的提携。PSとXboxの未来はどうなる…? 

ソニーとMicrosoft、クラウドベースのゲームとAIで提携 PlayStationのオンラインゲームをAzureで

 まさかのソニーとMSの協力体制w
 ライバル同士が手を結ぶってのは、なかなか衝撃的ですねー。

 ただ、よくよく考えてみると、有力タイトルのマルチ化による「特定プラットフォームの価値」自体が低下しているうえに、GoogleやAppleのゲームサービス参戦による競争の加速が予想されるワケで、2大メーカーとしても先行き不安…は言い過ぎかもしれませんが、すくなくとも安泰な状況ではないのは確かでしょう。

 そんな中、PSのブランド力で優位を保つソニーと、サーバー管理・運営に長けたMSが手をくむのは、互いの弱点を補える、なかなか見事なグルーピングと言えるのかもしれません。



 ただ、実際のところ、提携によって何が変わるんですかね?
 両メーカーが協力して「PS-X」なんてゲーム機を発売…はさすがに突っ走りすぎな気がw

 個人的には、コンシューマー系はPSに集約していき、MSはサーバーサービスの提供とWindowsを使ったPCゲーミング方面に注力するのかな…って予想してます。


 任天堂は…どうするんだろう?
 僕の印象だと、任天堂は「おもしろいゲームを作るのがすごく得意なメーカー」であって、ネットサービスで金稼ぐのはあんまり得意じゃなさそう。
 なので、サーバー業務やネット回りは、どこか得意なところと提携しちゃえばいいんじゃね? って気がするけど、どうでしょう?

 Googleと手を組んで、プラットフォームはSTADIAに集約しちゃえばいいんじゃね? なんて思ったりもしましたが、任天堂はプラットフォーマーにソフト制作の制約を課せられるのイヤそうだから、ハード丸投げはしないか…なんて適当に妄想しました。


 ともあれ、ゲームビジネスの中心が「ネット配信型」へとシフトしていくここ数年は、大きな転換期なのかも。
 今は、今後数十年のゲームビジネスのあり方を決める、大事な時期なのかもしれません。

 
[ 2019/05/17 11:12 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(1)

おっさんが語る「俺的ダンジョンRPG 思い出の名作たち」。1作目は35年前のアレ 

 3DダンジョンRPGの思い出を語りたくなりました。

 まずは、30分ほど昔の記憶を引っぱりだしまくって、頭に浮かんできた、年代順俺的3DダンジョンRPG思い出の名作リスト。

ザ・ブラックオニキス(1984 FM7)

ウィザードリィ(1985 FM77/PC98 日本語版)

サイキックウォー(1988 FM77)

カオスエンジェルズ(1989 PC98 18禁)

ドラゴンナイト(1989 PC98 18禁)

ソウルハッカーズ(1997 SATURN)

BUSIN(2001 PS2)


 ワリと遊んでなかったw

 思ってた以上にタイトルが少なかったです。
 「Wizardy」の思い出補正が強烈すぎて、ダンジョンRPGに対する評価が膨らみまくってたのかもw

 なお、「夢幻の心臓」「ファンタジアン」などのクリスタルソフト勢は、僕がPC88持ってなかったので選外。
 「女神転生」はFC持ってなかったので遊んでない。
 「真・女神転生」は当時貧乏だったので買えず。SFCのゲームって定価1万円以上してたんすよ…高すぎだろw



 「ブラックオニキス」とか、今思い出すと、どこが楽しかったのか分からないですよねw
 キャラは戦士だけで魔法使えないし、戦闘は地味だし、「イロイッカイズツ」は買う前に雑誌でネタバレされてたしw
 結局「ムーンストーン」は出ませんでしたねぇ…w

 こうしてみると、ダンジョンRPGはコンシューマーよりPCゲームが主戦場ってところでしょうか。

 国産はPCゲーム冬の時代が長くて、作品数があまりないのですが、海外に目を向けると「Might & Magic」「Bird's Tale」「Lands of Lore」「Eye of the Beholder」「ダンジョンマスター」などなど、名作が次々と思い出されます。
 この記事を書くために、いろいろ調べてて始めて知ったんですけど、「Lands of Lore」って日本語版があったんですねぇ…。やりたかったw




 ふと思ったのが、エロゲー界隈にダンジョンRPGの佳作がけっこう埋もれているなと…。
 「カオスエンジェルス」とか、いわゆる「集めゲー」のはしりで、かなりハマりました。
 「ランスVI」(2004)はダンジョンゲーの名作ですし、比較的最近だとギャルゲの皮を被った硬派DRPG「ダンジョントラベラー」あたりも、ルーツはエロゲだし。

 最近は知らないですけど、昔のエロゲって、ゲーム性が高い作品も多かったですよね。
 ただ、エロゲ方面は、ワリと早い時期からアンテナが弱くなってたんだよなぁ…。
 僕が知らない作品も多そうなので、オススメのダンジョンRPG@18禁があれば教えて下さいw



 ちなみに、今3DRPGやるなら、3DSの「ソウルハッカーズ」あたりがオススメです。
 個人的には、先日発売されたPC版の「OPERANCIA」がかなり気になってます…。英語の壁が…orz。ローカライズされたら即ポチなのにw



デビルサマナー
ソウルハッカーズ

3DS



[ 2019/05/14 11:25 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

「PS4向けゲームの性的表現に規制」…規制しても売上げへの影響は少ない気がする 

 ちょっと前に「ソニーがPS4タイトルの性的表現の規制強化」というニュースを見ました。

ソニー、PS4向けゲームの性的表現に規制 ── 開発者には不満も

 コアゲーマー的には「規制は少なければ少ないほどいい」と思いますが、対象が「広く浅く」となるコンシューマーゲーム機ビジネス的にはどっちがいいのかなぁ…と。

 規制というとエロとゴアが2大巨頭なわけで、どちらも特定の地域だけ規制が入ると、その地域の人が文句を言ったりするわけですが、現実問題として、声がデカいわりには売上への影響はそれほどでもない気がするんですよねぇ…。
 エロ系のゲームって、話題にはなりやすいけど、数はあまり出ませんし。

 あと、コンシューマー系はPS4の一人勝ちって状況が「規制をしやすい」ってのもあるのかなと。
 仮にXboxと熾烈なシェア争いをしてたら、自分のところだけ規制を強化するってのはやりにくかった気がします。

 ゲームミングPCをライバルとして考えることもできますが、両機種持ちの場合、スペックの高いPC版を優先する傾向が強いですから、「PS4版を買う気だったけど、規制があるならPC版買うわ」ってケースは少ないと思うんですよ。
 だとすると、規制があってもなくても売り上げは変わらなそう。

 そう考えると、多少の文句はスルーしてでも、より大きな炎上を避けるというソニーの判断は理にかなってる気もしました。

 とはいえ、個人的には規制は好ましくないんで、もう少しマイクロソフトが頑張ってXboxとの競走が激しくなるといいんだけどなぁと思わなくもありません。

 MSはOneの後継をどうするつもりなのかなぁ…
[ 2019/05/07 00:25 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

「マインクラフト」を買ってみた。基本的に作業ゲー。作業そのものを楽しめないと無理かも 

 「マインクラフト」を遊んでみました。

 前から気にはなっていたのですが「自由度高すぎ系ゲームって、目的がなくてモチベ続かないんだよなぁ…」と思ってずっとスルー。
 ただ、最近遊ぶゲームがあまりなかったので、意を決して購入してみました。
 で、20時間ぐらい遊んだ結果ですが

 やはりモチベーションが続きませんでしたww

 まぁ想定どうりですねw
 自由度高いし、やれることは多いしで、ハマる人がハマる理由はわかるんですが、僕にはちょっとツラい。

 最初の10時間ぐらいはかなり楽しい。
 ちょっと探検して、周囲の様子を確認したり、知らない素材を集めて家を作ったり、畑を作って作物を収穫したり、動物を捕まえて牧場を作ったりなどなど、できることがたくさんあって、「進んでいる」感じを満喫できるんです。

 ただ、ある一定区間を超えると、何をすればいいのか分からなくなる&やりたいことを見つけても膨大な作業量が予想できて心が折れる。

 このゲーム、なにをするにも、かなり大量の作業が必要。
 基本的に作業ゲーなんです。

 鉱石を無心に掘り続けたり、複数の素材を集めて何かを作ったりといった、地道な作業を楽しめる人じゃないと無理な気がします。

 まぁギミックは多いし、できるコトは多いし、さらにMODでいろいろ拡張できるしで、箱庭ゲームとしての懐の深さは感じました。
 「どうぶつの森」みたいな、まったり箱庭ゲーム系が好きな人にはいいんじゃないかなー。
 僕は「どうぶつの森」もサッパリ楽しめない人なワケですが。


 なお、マインクラフトには、「制限付きで生活していくサバイバルモード」と「素材使い放題で好きなものを建築できるクリエイティブモード」があります。
 ブロック積んでアート気分で建築を楽しみたい方は、クリエイティブモードで遊ぶという手も。
 今回、僕が遊んだのはサバイバルですが、クリエイティブで遊ぶと、また違った感想を持ちそう。
 そのうち、そちらのレポートもできればなぁと思ってます。

[ 2019/04/24 04:54 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)